堀田のうまいもん日記 vol.18(試飲会編)

昨日の試食は、キリンビールさんとメルシャンワインさんの近畿圏統括本部支社長様も来社いただき、来年2015年上半期の新製品のプレゼンテーションとわんまいるのお惣菜との試食会を実施しました。ビール業界全体では、大きく二つ、プレミアムビールとプリン体・糖質0の健康系が伸びているとのこと。それとワインが国産も輸入も、共に二桁成長しているとのことでした。健康を除いては、食中酒が好調で、ようやく日本でも食事をしながらお酒を楽しむ文化が定着してきているようだとのこと。

特に今回4ビールメーカー様と色んな種類のお酒と料理を試してみましたが、お酒だけを飲んだ味と料理と一緒に飲んだ味と、食味が全く異なることを改めて実感しました。特にコクのあるビール類やワインなんか、食べるものでこれだけ味が変わるものかと?・・・・・思いました。そしてお酒と一緒に食べることで、凄く美味しく、楽しく、そして本音を話すことが実感できました。

僕は、本日の中で、やはりCM通りたこ焼きにはのどごしが一番美味しかった。淡麗プラチナダブルには中華も良いが天ぷらも美味しかったです。ラガーにはおでんや煮物、一番搾りは鰻の蒲焼やお刺身もよく合うと思いますよ。。。

ワインは、国産ワインとチリ・フランスが人気だそうで、前年110%と二桁成長、本日はシャトーメルシャン長野県産メルローと山梨県産マスカットブルーAをブレンドした赤ワイン藍茜と、福島県産シヤルドネに山梨産甲州アクセントした萌黄白、それにフランスボルドーワイン、2011ヴィンテージ2013年インターナショナルワインコンペテション銅賞に輝いたシヤトー・ペイ・ラトゥールオレンジラベル、そして世界一お買い得ワインとして知られるスペインのボルサオティント・ガルナシチャなど提案いただきました。ワインだけは、一緒に食べる料理によって凄く食味が異なることを痛感しました。料理とワインが合えば、凄く美味しくいただけます。まさに料理を引き立たせるのがワイン、ワインを引き立たせるのは料理といっても過言ではないと思います。

キリンビール、メルシャンの皆さん全員が、弊社で取り扱っている函館の郷土料理松前漬けがお気に入りで、最後は、熊本県八代で作られている米焼酎白水のお湯割で舌鼓、随分盛り上がっていらっしゃいました。また、昭和61年から発売させたキリンハートランドビールは今でもパブやレストランで根強い人気だそうで食事に合うのでと言う事で今回ご提案、早速ハンバーグやミートスパゲティーでいただくと、凄く美味しい!中でもビックリしたのが、ゴディバチョコレートリキュールにホットケーキが無茶苦茶美味しかった。

いゃー。美味しいお酒と料理は、人を幸せに、楽しくさせる。皆で飲めばさらに美味しい!・・・・・

キリンビール・メルシャンさん、ありがとうございました。

  • 堀田のうまいもん日記 vol.18(試飲会編) はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る