ご当地グルメ&食材探しの旅_宮城県(4回目)_2日目編


2018年12月21日(金)
今回は登米市に宿泊しての2日目です。

登米市は宮城県北部に位置し岩手県との県境にある市です。
登米郡8町と本吉郡津山町の合併によって2005年に誕生した市で、人口8万人の街です。

朝一番の訪問するのは伊豆沼農産さんです。

こちらは昭和63年に創業。
2代目の伊藤社長は19歳で養豚・水稲業を引継ぎ、43年にもなるそうで、現在直売店やレストラン、手作り体験なども行われています。

養豚しているのは宮城県が系統造成した「しもふりレッド」を純粋交配させ生産した「伊達の純粋赤豚」。
赤豚っていい響きですね。

なぜ赤豚かというと、毛の色が赤いところだそうです。
特長としては、肉がやわらかく、多汁性があって味がよく、獣臭がないところだそうです。
また脂肪酸組成のオレイン酸を多く含み、融点が低いので、舌触りがいいとのこと。

こちらの究極のこだわりはスタッフが一頭ごとにロースをしゃぶしゃぶにして
全頭食べて検査(検食)してやわらかさや風味、食感など、肉のおいしさを確認している徹底ぶり。

佐藤専務が試食を用意していただきました。
モモ肉の ハム、1cm幅のロースステーキ、2mmスライスの肩ロースステーキ(どちらも味付けなし)を試食してみました。

モモ肉のハムは細かいさしが入っていて柔らかい。個人的には少し塩気が強かったです。

ロースと肩ロースはどちらもめっちゃやわらかくて非常に甘みを感じました。
おいしいです。

メンチカツも揚げていただき、箸を入れると肉汁がでてきて、
まさに肉を食べてる!って感じでした。

本来なら工場の見学もしたかったのですが、あまり時間もなかったため、日を改めて来年再度お伺いさせてもらうことになりました。
他にも取扱い商品があるとのことですので、サンプル送付含めてメールと電話で商談を進めようと思います。

2件目は「ラーメン蔵八亭」を県内に複数展開されている株式会社服部様に訪問です。

10月の宮城訪問の際に商談を行って、その際に提案させていただいた牛タンそぼろと牛タン餃子スープを作っていただきました。

牛タンそぼろは 十分おいしいですが、ごはんにかけて食べるシーンが多いのでもう少し濃くてもいい感じです。

牛タン餃子スープは、餃子がつるっとしていて、もちもち感もあって
これからの季節はすごく良いと思いました。

服部社長はとても研究熱心な方で、自分が作ったものを食べて喜んでくれるのが本望との事。
”特に自社ブランドにこだわる気は全く有りません”と仰っていました。

服部社長から、ぜひ直営店のラーメンも食べてほしいとのことで、お店に連れて行っていただきました。
12時前というのに店内にはお客さんでいっぱいです。

おすすめは味噌ラーメンとのこと。
赤味噌と白味噌ラーメンの2種類あります。
服部社長お奨めの赤味噌(辛口)を注文してみました。

濃厚な味噌と中太めんが絡んで最高です。
個人的に味噌ととんこつが大好きなので、どストライクです!
自家製チャーシューもやわらかくて口の中で溶ける感じ。

今日も朝から良い感じで食べ続けてもう腹八分目を通り越して十二分目くらいになってしまいました😫…

服部社長ご馳走さまでした。

蔵八亭さんを出て車で約1時間ちょっとのところ、今度は柴田郡にやってきました。

前回気仙沼訪問の際に、途中のサービスエリアで見つけた油麩(あぶらふ)カレーというものを購入し食べてみたところ、レトルト臭もしないし、油麩の独特の食感もよかったので、ぜひ一度訪問したいと宮城県庁さんにお願いして今回訪問させていただきました。

油麩や木綿豆腐、おからの粉で作るパン、果実園、惣菜製造などを製造販売されている社会福祉法人はらから福祉会さんは障がい者の就労支援として運営されています。

事業責任者の小石澤様にご説明いただきました。

各施設毎に製造するものを分担され惣菜製造所では、スチコン・ブラストチラー・急速冷凍機・真空パック機と一般の惣菜製造会社でも設備されてない機材が整っていて、低温調理や真空調理も取り入れられています。
おからを粉末にして小麦粉とブレンドした、カロリー控えめで食物繊維やタンパク質が豊富なおからパンやマツコデラックスの番組にも取上げられた木綿豆腐の製造をも手掛けられています。
今回はあぶら麩を仕入れる話でお伺いしましたが、豆腐ハンバーグや冷凍のおからパンの製造をお願いしたいと話しが盛り上がりました。

今日は本部での商談のみで、製造に関しては各施設ということで、来年改めて施設に訪問することになりました。

今回も新しい出会いがたくさんありました。来年の夏ごろからの商品化に向けて各メーカーさんと商談を進めていきたいと思いますのでお楽しみ!

しかし、どうしても出張に行くと体重が増えてしまいます・・・😂

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る