【press】島根県産抹茶100%使用、出雲の老舗そば屋とお茶屋のコラボ! プロが湯がいた「出雲抹茶蕎麦」を年越し蕎麦として限定販売

わんまいるでは、昨年夏に「流水解凍で食べられる出雲茶蕎麦」を発売し、ニュースにも多数取上げられ、好評をいただきました。そこで今年は、島根県産抹茶を100%使用し、出雲そばに練りこみ、年越しそばとして「出雲抹茶蕎麦」を期間限定で販売する旨をリリースいたしました。

——プレスリリース本文——

島根県産抹茶100%使用、出雲の老舗そば屋とお茶屋のコラボ!
プロが湯がいた「出雲抹茶蕎麦」を年越し蕎麦として限定販売

国産にこだわった安心安全な食材を用いた冷凍惣菜やご当地グルメ、有名専門店の味を自社サイトや通販モール各社、東急百貨店カタログ通販並びにショッピングサイト「ハロートーク」や三越オンラインストアで販売している「わんまいる」(株式会社ファミリーネットワークシステムズ 本社:大阪市北区 代表取締役社長:堀田茂 、以下 わんまいる)は、株式会社出雲たかはし(本社:島根県出雲市 代表 高橋大輔 )と共同で、創業100年の老舗茶屋「桃翠園」の出雲の抹茶を使って年越しそばとして「出雲抹茶蕎麦」を11月19日から期間限定で販売する。

■ 企画のきっかけ
 昨年夏に「流水解凍で食べられる出雲茶蕎麦」を発売し、ニュースにも多数取上げられ、好評をいただきまし 
 た。そこで今年はこの出雲そばに人気の抹茶を組み合わせた年越しそばに挑戦することにしました。

■ 日本三大そばの出雲そばと抹茶が出合いました
 日本三大そばと言えば、長野県の戸隠そば、岩手県のわんこそば、そして島根県の出雲そば。出雲そばは豊かな 香りと風味が特徴のそばです。そば粉には良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれているこ とから、ヘルシーな食材として注目を集めています。
 
 出雲地方で製麺業を営む「株式会社 出雲たかはし」は、国産のそば粉や小麦粉にこだわっている創業60余年の メーカー。長年培ってきた製麺技術を活かして、打ち立ての生蕎麦をプロの職人が湯がき、冷却し急速冷凍しま した。湯がく手間が必要なく、280㎖のお湯につゆと冷凍麺を入れて沸騰すれば出来上がります。たった2分ほど でプロが湯がいたお店の味が楽しめます。
 今回発売するのは、普通の出雲そばではありません。お茶処としても知られる出雲の特色を出そうと、島根県産 の抹茶を島根県産の蕎麦粉と国産小麦粉に練り込んでいます。創業100年を超える「株式会社 桃翠園」が厳選し た香り高い抹茶を使い、出雲そばの風味とマッチさせた美しい色が目を引く茶そばに仕上げています。

■ 創業60年のそばメーカー「出雲たかはし」
 昭和24年創業。各家庭での手打ちが一番美味しい時代に手軽で日持ちのする美味しい出雲そ  ばの製麺を始 める。蕎麦作りから培った製麺技術を活かして総合的な麺づくりに新化し、これまで開発してきた製品は約300種 類に達します。京都老舗料亭や百貨店でも取り扱われています。

■ 桃翠園
 出雲市にて明治40年創業。百十余年の老舗茶屋。「茶園から茶の間へ」をモットーに自社栽培・自社製茶にこだ わり続けています。

■「わんまいる」について
「わんまいる」では、“日本の食材を食べること”を推奨し、日本の農業・漁業の振興に貢献し、
旬菜旬消・自給率の向上を経営理念としています。
代表自ら産地へ出向き、食材の買い付けから地域の名産品の開発をしています。
また100%国産食材を使用し、簡単に作れ、美味しく、健康的な夕食のおかずセット「健幸ディナー」5食セット(1食主菜1品・副菜2品)を販売しており、出産・育児、親の介護、働く主婦などが指示、献立を考る、買い物に行く・料理を作る、時間の無い方へ、湯せんやレンジアップするだけで食べられる時短に最適な冷凍の惣菜・おかずセットを開発しています。

商品名 : 出雲抹茶蕎麦
内容  : 200g(麺160g・希釈つゆ40g)
価格  : 540円(税込)
調理方法: 沸騰したお湯につゆを入れ、このつゆに凍ったままの麺を入れ、1~2分軽くほぐしてください。温まり      ましたら、お好きな器に入れ完成です。お好みで薬味をトッピングしてください。
賞味期限: 冷凍120日
受付開始: 2018年11月19日(月) から12月25日(土)まで
      ※限定販売のため、なくなり次第終了とさせていただきます。

※詳細・ご購入につきましては下記「わんまいるのショッピングサイト」よりご確認ください。
http://www.onemile.jp
「わんまいる」で検索

・わんまいるは、株式会社ファミリーネットワークシステムズの登録商標です。
・その他、本書に記載されている会社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。


【お問い合わせは】 
株式会社ファミリーネットワークシステムズ 
広報担当: 山脇・浅田
TEL:06-6361-5522 FAX:06-6361-5526
メール:kouhou@e-fns.co.jp
取材等のお申し込みはこちらのフォームから»

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る