注文の電話が途切れない、取材一切お断りのお好み焼き屋、繁盛の理由は、味・ボリューム・値段です。

2018年1月6日(土)さぁ、今年も仕事はじめだ!・・・と気合を入れたらまた今日から3連休、なんか拍子抜けします。東京オリンピックの年に生まれ昭和の高度成長期に育ち働いた者からすれば休み過ぎのように感じます。僕はいつもの通りオフィスに出て、一週間のレポートの編集、堀田の本音の作成や6月のおかずセット健幸ディナーのメニュー校正など結構やる事が多い。

ランチは月に一度のお楽しみ、生まれ育った港区弁天町のお好み焼き屋「中村」さんにへ行き、いつものいか入り焼きそばをたべました。いやー、美味しいです!・・店内で食べている人は一人だけ、次から次へ電話が鳴りやまない状態で1時間待ちが普通、次から次へとテイクアウトでお客さんがお店へ取りに来ます。45年前と様変わり、お好み焼きをお持ち帰りして家で食べる人はいなかった!・・・そう言えば、タコ焼き・お好み焼き・焼きそばのテイクアウト専門店を多く見かけますよね?・・・最近宅配ピザもお持ち帰りする人を多く見かけるようになりました。回転ずしもテイクアウトする人が増えたので一世風靡した宅配ずしの銀の皿さんの姿もメッキリ見なくなりましたよね!・・・なんと言っても安くて美味しければ並んでもテイクアウトでも買ますよね!・・・夕ご飯はおかずセット健幸ディナーすき焼風セットを食べました。豆腐を加えるようにとお願いしていましたがまだ入ってなく味は申し分ないのですがボリュームに不満、早々に焼き豆腐を二切れ追加するようにメールで指示しました。・・・味とボリューム絶対条件だと思います。

僕が中村に通い続けるのも第一に味、第二にボリューム、第三に価格です。この写真の焼きそば、するめいかとキャベツに玉ねぎがたっぷり入って450円、お好み焼きなんて一人では食べきれない大きさで値段は何と550円です、そりゃ電話が途切れない訳です。・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る