今年初めて気温0度の中、えべっさん参りに行きましたが社務所が開いていなく1時間以上待ちました!

2018年1月11日(木)今日は朝6時過ぎに阪神尼崎駅から電車に乗り西宮駅から近い、えびす宮総本社西宮神社にお参りに行ってきました。昨年は9時過ぎに行くと凄い混雑で受け付けも数時間待ちでしたので、今年は7時前から並べばと思い早めに行きました。しかし、6時台ともなれば阪急電車は塚口駅から乗ると座れませんが、阪神電車は写真の通りガラ空きです。


西宮駅で下車し、まだ薄暗い閉店状態の屋台の通りを抜け、境内から社務所へ着くと、まだ閉まっていて全く人は並んでいません。尋ねると8時からとのこと。僕はてっきり社務所が開いていて受付を待っていると思っていたのですが、締め出し状態で、しかも今日に限って気温は0度と非常に寒いです。


受け付け開始まで1時間半ぐらいあるので、境内を歩いていると甘酒屋さんが開店準備しており、頼んで中へ入らせてもらいました。暖房はかかっていませんが、まだ風が無い分外よりましです。・・・親切な女将さんが甘酒が出来たと言って出してくれました。いゃー温まります。

かじかんだ手が・・・スマホで「ドラッカー5つの質問」を読んで時間を潰し、7時45分になったので社務所に向かうと、丁度受付が始まりかけていました。椅子に座り申込書を書こうとしていると山脇が到着、受付を済まして待合室の座敷に上がり、同じく待っているスーツ姿の大手企業の社長らしき人と社員の人達が7、8人宮司さんに連れられて神前に行き、祈祷され戻られて来られました。どこかで見た方たち・・・アサヒビールホールディングスの小路社長でした。5年ほど前に千葉県酒販様の60周年記念式典で同席だったのと串カツの「串の坊北新地店」のリニューアルオープンセレモニーでもお会いさせて頂いたことがあります。大勢の一般合同祈祷を横目に単独での祈祷されるのだから随分奉納されているのだろうと思いました。その後、長男と家内が到着、一緒に祈祷を受けました。



そして笹と熊手と福蓑を長年購入しているお店で買い、帰りの参道でお福甘酒とゆで卵を食べました。屋台がまだオープンしてないので雰囲気は有りませんが、大混雑よりはましです。



さて本日の試食は、国産鰆の煮付けと国産本鰆の煮付けです。鮮魚から調理、急速冷凍しているので身が柔らかいです。次に、大阪泉州産のキャベツと石見ポークのチャンプルー、脂質が少なく赤身が美味しい石見ポークなので、油で炒める事により、脂がのって凄くびっくりするぐらい美味しいです。炒め物に向くんだ!とあらためて思いました。そして神戸システムフードさんの筍入り豆腐ハンバーグを試食した所、なんか味が違うように感じます…おそらく水煮の筍を使用されているのではないか?筍からの味が豆腐ハンバーグに混ざり、加熱する事でそう感じるのでは?と試食スタッフ全員の意見でしたので、筍をスライスして豆腐ハンバーグの上からあんと一緒にかける事にしました。グリーンピースも散らした豆腐ハンバーグ筍の和風あんかけ、美味しいそうです。千葉県産の大和とろろ芋ですが、現在取り扱っている群馬県産の三日とろろに比べると味わいがしなくて粘りも弱いので現在の群馬県産の三日とろろを継続する事にしました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る