味のベースがしっかり決まっているのでブレが無く、弊社の調達する食材を使用すれば更に美味しくなる!

2018年6月11日(月)今日は、京都桂茶屋さんの丹波地鶏のすき焼小鍋の2回目の試食をしました!見るからバランスよい盛付ですが味が薄くてすき焼には見えません。食べると案の定だしが薄い!濃口醤油を小さじ3分の2と砂糖を少々加えるようにお願いしました!


2品目は大阪矢田健さんから南瓜のグラタンです。ホワイトソースが2割ほど足りません!チーズも2割ほど増やすようにして、南瓜の産地を明確に記載するように指示!3品目のレンジで食べられるカップ入りの蕎麦は、刻みから天ぷらに替えて正解でした!


4品目は毎年良く売れるレンジで食べられる広島県産カキフライです。ふっくらと上手に揚っていて冷凍とは思いません!
5品目、同じく広島県産の牡蠣のよせ鍋ですが、牡蠣のエキスが出て汁も美味しいです。
牡蠣は天然の亜鉛が含まれていて体に凄く良いと弊社顧問の医学博士廣瀬まゆみ先生から聞いています。


6品目のあんかけ親子うどんは、コシのあるうどんに変更してもらいました!食感も随分改善出来ました!
7品目はソースかつ丼のカツだけを販売しようと思いましたが、写真の通り単品にすると見栄えが悪く美味しそうに見えないから中止!その代わりにレンジで出来るビフカツをお願いしました!


8品目、鳥取県境港福栄さんの日本海産紫いかの照焼です。見た感じ照焼きというより煮付けです。大根又は境港産の白ネギを一緒に煮付けたらと思いましたので一度お願いしました!


9品目は、大阪のちゃんぽんです。豚肉をやめて練り天とコーンを加えてやり直した2回目の試食ですが、見た感じも良くなりボリュームも増え、豚肉の臭みもなくなり美味しくなりました!


ここからは、来年からお世話になろうと思っている百貨店などで販売されている有名料理屋のおせち料理を受託製造している、神戸東灘区のまるかんさんのプロパーの商材を試食させていただきました。10品目の筍煮は、見た目のだしの色も美味しそうで重要な食感も良くてだしのベースがしっかり決まっています。11品目の椎茸の含め煮もだしがしっかり決まっていておせちの料理としては上出来です。食材の質を上げればかなり美味しくなると思いました!12品目、僕の大嫌いな豚の角煮も少し試食しましたが臭みもなくとろけるように上手にスチコンで煮込まれていると思いました!13品目の若鳥の西京焼きは、味噌が上手に染み込んで焦げ目も美味しそうに焼かれていました!14品目の火加減が難しい黒酢を使用した酢豚も上手に作られていました!かなり作り込まれて味のブレが無いように感じました。・・・

弊社が調達する生産者の顔が見える産地の食材を使用いただければ更に美味しくなることは間違いなし!・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る