梅雨が明け気温34度、冬の試食が始まり神戸牛&神戸ポークまん、京のぜんざいの食べ比べ・・・

2018年7月10日(火)今日は朝の日経新聞で、大手企業の総務部から問い合わせが多い、ランチ難民救済やメタボ解消など福利厚生としてデリバリー型社食のオフィスおかんさんとオフィス置き野菜のコンペイトウさんがオフィス置き冷凍総菜を始めるとメディアに取上げられていました!・・・
わんまいるも丁度福利代行サービス大手のJTBベネフッイトさんと組んで出産・育児・親の介護支援として旬の手作りおかずセットの提供を行います。最近では働く社員も就活を行う人も福利厚生の充実に関心が高いと言うアンケート結果が出ています。人手不足が深刻化する中で求人も含め離職防止にも冷凍総菜おかずセットのニーズが出て来たようです。

今日の試食は地域む名産品ご当地グルメです。
1食目は神戸元町「皇蘭」で有名な株式会社北海さんから神戸牛まんと神戸ポークまんが届きました。さすが神戸牛、甘みがあって何回食べても美味しいです。今年の冬は神戸牛肉まんと豚まんと蟹まんの食べ比べセットを販売する計画です。それと


今回無理をお願いして国産食材100%の具でわんまいるオリジナル神戸餃子を作ってもらいました!・・・食感も良くて美味しいです。京都の九条ネギと京都ポークで作った京都餃子もねぎの味がしっかり味わえて食べ易くて美味しいです。


山形県の三奥屋さんから米沢牛の昆布巻きが届きました。どこに米沢牛が?と思うぐらいですが、昆布は美味しいです。


京都桂茶屋さんにしゃぶ餅、白玉、京麩、栗のぜんざい食べ比べを作っていただきました。粒感が無くてお汁粉みたいです。いつものように小豆感を残して欲しいと思いました。毎年好評の京都の大学芋「京都ポテト」も今年は胡麻・抹茶・練乳食べ比べセットを企画します。レンジでほかほかのポテトを召し上がっていただけます。


最後に、先週末に島根県松江で商談しました角蒲鉾さんから、島根名物ローカル惣菜の魚のすり身を赤唐辛子と天然色素のパプリカ色素を練りこんでパン粉をつけて揚げた「赤てん」と、同じく広島のローカル惣菜の魚のすり身に野菜を練り込んでパン粉を付けて揚げた「がんす」(広島弁でございますという方言が名前の由来)です。豆腐竹輪もいただきましたが、ふわふわしてしっとりとした食感が美味しいです。のどぐろの天ぷらは新含気調理でおでんのタネとして試食してみるとだしがしゅんで美味しかったですが、練り天として食べると具が殆ど入っていない食感食味でイマイチでした!・・・


全国にはまだまだ知らないローカル惣菜が存在しているもんですね!・・・・
邑南町で養殖されているチョウザメのキャビアのスモークを送ってくれましたので、
明日は日本一高価なチョウザメの海鮮親子丼の具を試食したいと思っています!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る