三越日本橋本店の「天女像」に呆然、山の上ホテルの「天茶」に感動!・・・・・

2018年7月12日(木)今日は日帰りで東京へ向かいました。まず10時のアポイントで向かったのが、日本一の百貨店として名高い、三越伊勢丹 三越日本橋本店様です。5月始めに三越のバイヤー様からお問い合わせをいただき、わんまいるの旬の手作りおかずや地域の食材を使ったオリジナルの冷凍惣菜、ご当地グルメ等を取り扱わせて欲しいと依頼がありました。その後東京から来社され、試食や弊社委託製造会社とピッキングセンター等を見学いただき、今回、三越オンラインショップ内に、新たに冷凍惣菜のコーナーを設け、働く主婦や親の介護されている方、出産・育児支援のため、子供達が独立して世帯人数が減ったアクティブシニアのお客様などからのご要望に対応されたいとのことで、弊社でお役に立てるならと思い
喜んでお引き受けいたしました。本日は、いよいよ9月からの掲載予定となりましたので、ご挨拶に伺いました。東京へはかれこれ25年近く通っていますが、初めて日本橋までタクシーを乗らずに歩いていきました。八重洲口から昭和通りに出て右に折れ、高島屋さんの前を真っすぐ進むと日本橋と書かれた標識が首都高速に掲げられており、橋を渡ると三越日本橋本店さんが見えました。黄金に輝く三越のロゴに感激。酒食品問屋の国分さんへは何度も伺いして、交差点向いのスターバックスでよく珈琲を当時の商品企画部長の佐竹と飲んだ事を思い出しました。そう言えば同席する佐竹部長と堀田課長はどこにいているのか?と思い電話するとスタバの隣の喫茶店にいるというので向いました。アイスコーヒー注文していると三越さんの担当笹さんが迎えに来てくださり、そのまま三越本店様12階にある商談ルームに通していただきました。
入口は厳重な警戒で一人づつ身分証明書の提示を求められました。経産省や農水省、伊藤忠商事様よりも厳重で海外の領事館並みです。食品レストランMD統括部の皆様とご挨拶させていただきました。ご挨拶と打合せが終わり、三越日本橋店へ行くなら絶対に食べた方が良いと長年の恩師の株式会社大都の間口会長から勧められた、地下一階の『山の上』の天ぷらの天茶をと思い担当の笹さんに連れて行ってもらいました。
創業1928年の店内をご案内してもらい、ルイヴィトンの売場横の中央吹き抜けの間にそびえたつ「天女像」(写真)を拝見しました。15メートルはあるのでは?さほど美術系に関心が無い僕もしばし見とれる程の美しさと優雅さに感動しました。


地下に降りると「鰻のいづもや」さんの前は大行列です。「なだ万」さんも人気で、「とらや」「たねや」さん等の専門店を通り越したところに天ぷら『山の上』さんがテイクアウトと併設してカウンターとテーブル席で天丼や天茶などを提供されています。既に満席で別々なら座れるという事で席に着き、お目当ての「天茶」を注文しました。プリプリの海老といかのかき揚げが少なくよそわれたご飯の上にのっています。結構厚めのかき揚げでカリカリです。一口食べると絶品で天ぷら油が違います。これだったらいくら食べても胸焼けしない感じで、さすが東京のホテルで最初に揚げだし天ぷらを始めた山の上ホテルさんです。山の上ホテルと言えば老舗中の老舗、お茶の水駅近くで僕の大好きな池波正太郎始め川端康成、三島由紀夫など多くの文豪が宿泊して芥川賞を受賞した作家たちの殆どが受賞後の第一作を書いたとされる老舗のホテルです。そんなに高くないから一度泊まってみたいと思いました。味も高いが値段も高い、一杯約3,000円の天茶。これまで食べた単品ランチの最高値でした!


三越さんを後にして次に向かったのが、福利厚生代行会社大手のJTBベネフィットさんです。本社は江東区の門前仲町駅近くにあります。門仲(もんなか)と言えばかつて弊社の社宅があった所で、20年前に初めて東京事務所を設立したのが鍜治橋通りで宝町駅前のビルです。当時はよくこの辺で飲んだものです。いやぁー懐かしい。JTBベネフィットさんからもお問合せをいただき、会員企業の総務から要望相談が多いのが出産・育児・親の介護支援等の時短について。ついつい時間がないからコンビニや持ち帰り弁当になり、栄養バランスや合成保存料など添加物が気になる。そこで適切な食事の宅配や冷凍惣菜などという事で調べているとわんまいるを見つけ、それぞれの比較サイトでも常に上位にランクされていることもあり、実際に試してみたところ味に関しては断トツという事で会員企業様へ紹介したいと大阪までお越しいただきました。そんなこともあり、今回は契約に際してのご挨拶に伺いました。弊社を見つけてくれた担当の梅谷さんは、何と大阪鶴橋の出身で大学卒業後JTBへ入社、地域おこし等に関わり、昨年JTBベネフットさんへ出向という形で、更に踏み込んだサービスの掘り起こしとして取り組まれています。まさか東京の大企業の窓口担当者がコテコテの大阪人とはびっくりしました。


2時半の新幹線に飛び乗り18時半から最近アルゴリズムという名称で話題になっている顧客管理システムをクラウド形式で企業に提案しているシリコンバレーに本社を構えるセールスフォースドットコムの窓口の福本さんとサイトディレクターの中村さんと一緒に北新地和食「暁」にて会食しました。既に店内の個室は満席です。美味しい魚と佐賀牛をリーズナブルなお値段で提供するので大繁盛しており、松山店長から出店の相談等を受けています。本日も美味しい料理ありがとう!・・・・いやー東京日帰り出張、少し疲れました!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る