国際展示場で目に留まったのは、京都のちりめん山椒に京都北部の郷土料理バラ寿司に岡山のスイートポテト・・・・

2018年9月7日(金)昨日北海道を襲った大地震、台風21号の対応のみならず対策にわんまいるの本社も大変のようです。
物流センター近くのヤマト運輸が被害をうけ、荷物の配達・引き取りが不能になり、西宮の拠点まで自社で持ち込まなくてはなりません!センターの庫内業を担ってくれている間口さんの協力で何とか西宮迄持ち込むことが出来て地方から来る一部の商品以外は何とかお客様に迷惑を掛けずにお届け出来る目安が付いたと思いきや。北海道地震。。。メーカーさんへの連絡がメールも電話もつながらない状態です。在庫が無くなり次第欠品になる可能性があります。これから新じゃがや南瓜のハロウィン企画など目白押しにも関わらず残念です。それよりも怪我や会社の大きな破損などなければと心配します。

今日は、東京国際展示場で開催されている全国の商工会や会議所が主催する物産展示会へ山脇と待ち合わせして行ってきました。まず目に留まったのは京都で作られてる「サンショウ」と書かれた色んな具材がトッピングされているちりめん山椒です。オリーブオイルで炒められた「ちりめん山椒」美味しいです。そして京都北部の郷土料理の「バラ寿司」お寿司で有名な「加悦」さんが出店されていました。手頃なサイズなので是非取り扱いさせていただきたいと思いました。岡山のスイートポテトも凄く美味しかったです。これだけのさつま芋の食感を楽しめるモノは中々ありません。10時から13時まで3時間 みっちり回りクタクタです。膝はガクガク。あかん!先日の台風21号の日の帰りに車の中で2時間詰め込まれて、あの日から腰がまたおかしく…そして今日の展示会3時間歩きっつぱなしは痺れる痛さ。痛いのは気にしないのが一番。



お昼ご飯に、駅構内の立ち食い蕎麦「あずみ」はとっくに13時を回っているのに満席状態。野菜のかき揚げ蕎麦の食券を購入。細麺で関東特有の濃厚なつゆに刻まれた白ネギがトッピング。このツンとくる薬味が今のトレンド です。濃厚なコクがあるつゆが何より美味しい。汁まで残さず完食。そもそも蕎麦嫌いであれだけ好まなかった関東の汁、人間の口の変化は恐ろしい。焼酎だってあれだけ臭くて飲みにくかったモノも口のトレンドが変化すると美味しく変わるものですから。なのでトレンドを見極めた味や食感や食材へ変えていかないと消費者から支持されないだけです。日本酒にしてもお米の旨さを楽しむようになり、それならば掛け米を旨味を味わえるお米に変えないと雑味が残っていたのでは支持されません。価格は720mlでワインと同じく1,680円が売れ筋。ここも押さえないと行けません。人が持つ予算に合わさないと売れません。麺類はワンコイン500円を超えない事。・・・


国際展示場を後に向かったのは、海外需要開拓支援機構の官民ファンド、クールジャパンさん。六本木ヒルズ(森ビル)17階、今回伊藤忠さんからお話をいただいた中国での展開についてご相談させていただきました。日本の「和食」という文化、更には日本の特産品の食材使用や更にはご当地グルメや郷土料理などへと発展していく可能性があると評価いただきました。窓口の方も実際に中国に住んでいたこともあり現在でも友人が多く住んで行き来されるとの事、昨日伊藤忠ロジスティクスの野村取締役から伺った内容と殆ど同じ状況 伺いました。フーマーによるデリバー代行や出前が凄く利用者が増えている女性上位になり夫婦共働きが当たり前家庭で料理を作らない。但しレンジや湯せん解凍して食べる人がどれだけいるか?調査が必要。一人っ子政策により55歳~75歳の健康老人と呼ばる一人二人世帯が凄く多くその方達に受けるのではないか?と言われました。継続して相談に乗ってくれるとの事で進捗状況を連絡くれればとの事でした。少子高齢化の日本、中国をはじめとしたアジア等経済の成長と人口が増える新興国を対象にしなければ日本の農業漁業と零細中小企業の振興には必要不可欠だと思います。・・


5時17分の新幹線で大阪へ。。。品川駅は大勢の人でごった返していました。・・・・自転車を預けている阪急塚口から自転車で帰宅途中、雨が突然降りだしてビチョ濡れに…シャワーを浴びて旬のおかずセット健幸ディナーの千葉県銚子産の鯖の味噌煮とひじき煮としめじとこんにゃくの白和えを食べました。今回から大正11年創業の神戸市中央卸売市場で水産仲買卸をしていて百貨店やスーパーへ焼き魚や煮魚を降ろしている株式会社財木商店様に作ってもらうようになり、サイズが大きくなって肉厚で美味しくなりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る