京都伏見区で44年、昔は月に一度立ち寄った京野菜使用のお好み焼き店「どんぐり」さん・・・

2019年1月8日(火)明日から3日間、全国3,500社の「えびす神社」で商売繁盛を祈願するお祭りが開催されます!・・・弊社は創業してから30年間毎年欠かさず西宮の総本山にお参りに行き、えぺっさんの熊手と福笹と福ザルを購入して1年間神棚に祀り、毎朝お神酒をお供えして商売繁盛をお祈りしています。明日は早朝にお参りに行くのでお神酒を供えるのは今日で最後、1年間の御礼を申し上げました!・・


さて本日の試食は、京都伏見区で1977年に創業された京野菜を使用したお好み焼き専門店「どんぐり」さん。僕も20年ほど前京都エリアの加盟店月例研修会の折には良く通っていたお店で、10年ほど前から卸事業として京野菜を使用した焼きそばやお好み焼きなど冷凍販売をスタートされわんまいるでも時々取扱いさせていただいて来ました。今回は、京都産のひのひかりに京都洛中澤井醤油本店の濃口醤油を一緒に炊き込んだご飯をおにぎりにして京漬物をトッピングした「壬生菜漬け」「白菜漬け」「しば漬け」「柚子大根」の4種類の焼きおにぎりを提案いただきました。レンジで簡単に解凍して食べられます。1個80gと丁度良い大きさで、もちもちとした食感に醤油の味が染込んで香ばしい味です。おにぎりの真ん中に京漬物が入っており口休めの役割となって、ついつい食べ過ぎてしまいます。解凍後トースターで炙って食べるのも良し、お茶碗に入れて少し山葵と海苔を加えてお茶漬けにしても美味しそう。3種類の食べ方が楽しめます。買い置きしておくと便利でおすすめです。

小麦処群馬県一昨年大手冷凍のこだわりパン販売会社さんから独立されたオフィス向けに焼き立て冷凍パンを宅配されているパンフォーユーさんから、脂肪分とコレステロールが低い「柚子胡麻チーズベークル」、北海道産小麦粉だけを使用しスイートポテトを加えた「メープルスィートポテトベークル」、砂糖を焦がしてキャラメルゼを作りナッツと一緒に生地に練り込み焼いたフランスパンの一種の「キャラメル風味のナッツリュスティック」、イタリアミラノが発祥と言われる「パネトーネ 」、フランスパンの生地に小さく角切りにしたベーコンを練り込んだ「ポワブルベーコンフランス」、周りはパリパリ中はとろりした「焼きチーズカレーパン」、生地にオレンジピールと牛乳を練り込んだ「オランジェミルクパン」の7種類を試食させていただきました。僕はパネトーネ とオランジェミルクパンの生地がパサツキ感があり苦手、やはりトースターで焼けてパンの表面がパリパリ感が味わえる香ばしい食感の柚子胡麻チーズベーグルやスィートポテトベーグルに焼きチーズカレーパンが美味しかったですが、本音を言うと同じ群馬県のスタイルブレットさんの方が種類も多くて値段も安く違いが判りませんでした・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る