名古屋コーチン・奈良プレノワール・大和地鶏・宮崎地鶏の希少部位の炭焼きマジックに感動!

2019年1月9日(水)昨夕はキリンビールさんとメルシャンさんから年始の挨拶と今年の新商品や販売促進に関してプレゼンテーションを賜りました。本麒麟がバカ売れ!というニュースは皆さんもご存知の事。2018年日経MJヒット商品番付横綱は安室奈美恵、大関はスマホペイ、関脇にキリンビール本麒麟と評価されました。そして今年はアルコール分7%のキリンのどごしストロングをリニューアルするという事で試飲させていただきました。大麦を25%増量した力強い飲みごたえと爽快なキレ味でこれは売れるで!と思いました。そして一人勝ちしている缶チューハイの分野でもアルコール9%の氷結ストロングをリニュ-アル。試飲させていただきましたが、ストレート果汁を使用しているので嫌なアルコール感を全く感じません!レモンもグレープフルーツも旨い!ワインのメルシャンさんからは経済連携協定(EPA)と自由貿易協定(FTA)発行にて関税が撤廃され、輸入ワインが安くなるとの事で、欧州で人気のオーガニックワイン「カノン・デュ・マレシャル」のルージュを試飲させていただきましたが、参考売価1,680円と値段の割には少し軽過ぎると思いました。続いて試飲した長野県シャルドネはバランスの取れた落ち着いた味わいで、辛くなく嫌みも無くそのわりにはしっかりしたボディーでローストビーフや天ぷら焼き鳥、刺身や寿司など色んな和食に合うと感じました。値段を聞くと3,000円!ヤッパシッ!だけど十分値打ちはあるので母の日などプレゼントに最適と思いました。最近輸入ワインより国産のワインの方が人気でレベルが上がって来たとつくづく感じました。最後に酸化防止剤無添加の林檎で作った炭酸アルコール飲料「シードル」を試飲しましたが、混濁果汁が摺りおろし感があり甘くて美味しいです。人気のアップルパイや先日訪問した「生どら」の発祥の地群馬県みなかみ町の谷川岳ドライブインで製造販売している「生どら林檎」と合わせたいと思いました。


そのまま懇親会へ。。。本日の会場は親友の創楽舎横井先生が設計した北新地のこだわり焼き鳥専門店「YAMATO」です。3階から5階の3フロアーを贅沢に使用していて、私たちは4階の「はなれ」の間に通されました。川口オーナーも自ら厨房に入り焼き上げる、名古屋コーチンや宮崎地鶏、奈良のプレノワール、大和地鶏など様々な鶏肉の部位を使った本格炭火焼が楽しめます。本日のコースは前菜にとんぶり、黒ごま豆腐、ゆで落花生が出され、このふた粒の落花生のゆで具合と塩加減でこの店なかなかやるなぁ!と思いました。奈良プレノワールの手羽先焼き、同じく奈良プレノワールのせせりライム果肉のせ、同じくプレノワールのかっぱ軟骨、箸休めに「鳥スープ」名古屋コーチンのねぎま、プレノワールむね肉のタタキにとりそぼろ味噌のふろふき大根、名古屋コーチンのささみ ・そり(モモのつけ根)、大和地鶏のココロに温野菜(さつまいもとれんこん)、〆は鶏つくねのミニハンバーグでした。これだけの銘柄鶏の部位にはなかなか出会う事はありません!見た目より3倍は旨い!まさに炭火マジック!いゃー一同びっくり仰天!うなる旨さにトリュフをブレンドした塩をつけて口の中に入れると味覚が脳天まで突き抜けます。おそらく早摘みのぶどう山椒と朝倉山椒をブレンドして一工夫していると思われる山椒もただものではない薬味に一同感動!・・・帰りには川口オーナーも5階から降りて来て下さり見送ってくれました。

今日はえびす神社の総本山、兵庫県の西宮神社へ十日えびすの参拝に雪がちらつく中、7時30分に山脇と長男努と自宅まで迎えに来てもらい家内と
4人で出かけました。ちょうど朝の渋滞に巻き込まれて8時からの受付に少し遅れましたが、雪模様のためか参拝客が少なくご祈祷受付一番乗りでした。20人ぐらい揃ったところで本宮境内に案内されてお祓いを受けて、商売繁盛の祈祷をいただきました。ご祈祷も一番最初に名前を読み上げられました。今年は商売繁盛間違いなし!と思い、30年間購入している店で福笹と熊手と福蓑を購入して三三七拍子の手締めを打ってもらいました。これで年明けの行事が終わり今年も本格始動です!

本日の試食は関西スーパーの創業者を祖父に持つ、寿司ネタや創作料理を百貨店や食品スーパーに卸している株式会社阪神フード北田社長から鳥取県産の生姜を使用した生餃子を試食して欲しいと提案いただきました!小粒タイプで見るからに美味しいそうです。皮もツルっと食感が良くて具材の握り具合も丁度良く、野菜の食感も残っていて失礼な言い方ですが阪神フードさんとしては上出来だと思いました!値段も12ヶ398円なので決して高くありません!出来れば生姜をもう少し控えて大山から米子にかけて特産の白ネギも刻んで加えて欲しいとお願いしました。


吉フーズさんに揚げてもらった鳥取県境港の角谷食品さんの鰯のフライを試食しました!う~ん若干ですが鰯臭がします!アジフライカンパニーと謳っているだけあってアジフライは全く青臭くなくよく売れているのですが鰯は難しい!
次に、離水が多かったキャベツと水菜のコールスローをリニューアルしてもらいましたが、みじん切りをやめてキャベツの繊維に沿って千切りにしてボイルしてから脱水を強めにかけるようにお願いしました。


そして競合他社の惣菜を試食してほしいと某冷凍惣菜メーカーの商品を取り寄せたとの事。まずは「赤魚の塩麹焼き」ですが、正直脂が乗ってなく身がポロッと取れませんが決して不味くはありません。「麻婆茄子」は茄子が長くてカットされてない事に違和感を感じました。辛さが弱くて甘いので「茄子の甘辛和風あんかけ」と呼ぶ方がふさわしいと感じました。「切干大根」「蓮根の金平」「ひじきの煮物」「筑前煮」「肉じゃが」など試食しましたが、どれも決して不味くはありませんが、とにかく甘い!「手作り肉団子」は写真の通り、見た目も悪ければ柔らか過ぎて美味しくありません。「鶏そぼろ」も鶏肉だけで肉のカットも細かくて粗挽き感が無く甘く濃くて美味しくない!「卯の花」は食べない方が良い、「鶏と南瓜の黄金煮」は鶏肉のカットが大きくて食べづらく見た目も美味しくなさそう。僕は手を付けられませんでした。どの料理も甘いので甘さを半分以下にした方が良い、カットが大きいものがあるので小さめにカットした方が良い!だしをしっかり効かせた方が良いと思いました!・・・わんまいるも人の事ばかり言えません美味しさと品質はこれからも追究していきますので宜しくお願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る