本場の和歌山名物「梅煮」をKITTEビル6階の「銀平」でランチしました!分厚い本鰆の刺身に感動!

2019年2月8日(金)今日は6時半に起きてホテルの朝食会場に向かうと山脇が食事を済ませた感じで入口で座っています。うわーっ、また間違えてしまったか?6時半と聞いていたので、その時間で目覚ましをかけていました。駅前なので時間があるから食べて下さいと遠慮なく急いで野菜サラダとコッペパンとゆで卵を取り、朝食を済ませ豊橋駅から新幹線で東京へ向かいました。八重洲南口前にある三菱UFJ銀行の海外事業の本部です。ロビーで弊社窓口業務歌島橋支店長と担当者と待ち合わせエレベーターでオフィスに上がると皇居が見下ろせる絶景が目の前に。今回は先日香港から来社いただいた上席の方で主にタイやフィリピン、ベトナムなど南アジアをご担当されておられ日本製品に興味のある海外の企業とマッチング紹介されているとの事。日本の和食が世界文化遺産に登録され、世界中で和食ブームとなり安心安全と言う事とインバウド効果で土産品をもらい日本製品のすばらしさを実感して輸入が増えており日本国内で製造されたオールジャパン製品に人気が高いとの事でした。国内に海外の企業を招いた商談会もしているので是非参加下さいと言っていただけました。

わざわざ東京まで同席いただいたお礼に、親友の横井先生が店舗設計を手掛ける隣のKITTEビルの6階にある「銀平」で小林店長に予約して久しぶりに寄りました。個室を用意してくれて前菜にざる豆腐と釜揚げしらすの野菜サラダが出され小林店長自ら信楽焼の迫力のある器に盛り付けられた刺身をサービスで運んで来てくれました。さすがの三菱UFJ銀行さんもびっくり仰天!見た事もない分厚い刺身に感動!これだけの本鰆、天然ぶり、真鯛、鮪の刺身ははじめてです。多めに盛り付けられた本わさびを醤油にといて刺身に付けてがぶりっ!本来夜に出す代物なので凄くいかっています。口の中で魚の脂と旨味がジュワーと山葵が刺激となり極寒ならではの寒魚のオンパレードに浸りました。日本だけ魚をしめる食文化ならではの絶品グルメ!天ぷらの次はメインの名物の梅煮は真鯛のお頭煮付け!見るからに美味しそう!この銀平さんの調理指導され弊社も指導を受けた元サンフランシスコ日本国領事館公邸料理人でどっちの料理ショーに100回出演された辻調理師専門学校元先生の近藤料理研究家の口癖で「旨い料理は見た目も旨そうに見える」全くその通りです。銀シャリと白菜糠漬も関西出身だと解る。いゃーご馳走様、見た目の感動と美味しさに満足したお昼ご飯でした。

そのままKITTEビルからすぐの東京メトロ二重橋駅から千代田線で乃木坂にある中国第二位の通販モール京東日本法人の買い付け会社株式会社フランクジャパンさんに訪問。京東日本法人最高責任者の荒井社長もわざわざ同席してくれています。冷凍惣菜は通関の関係でまだ時間がかかるので日本酒やウイスキー、梅酒や飲料水に魚介類の切身やフィレなど食材からと情報交換。堀田社長の日本の製品への熱い情熱にお応えしたいとフランクジャパン田中社長が言ってくれ、カタログからつがる林檎100%ジュースを指さし、まずはこの商品で口座開設からはじめましょうと言ってくれました!(感謝)。既に酒類の卸免許と輸出のライセンスはお持ちなので弊社は酒類の媒介免許を使って蔵元やメーカーさんを紹介させていただこうと思っています。

15時30分に茅場町の高島屋本社に向かい、営業の佐竹部長と待ち合わせです。今日は昨日までとうって変わり、かなり寒いです。高島屋本店様へご挨拶にお伺いさせていただき、簡単に弊社の概要と冷凍のおかずセットと惣菜にご当地グルメの説明をさせていただきました。商談後山脇と佐竹と東京駅で別れて僕は千葉に住む娘と孫に逢いに総武快速で向かいました。明日は大雪になるとの事、電車が運休にならない事を祈り、いざ千葉へ・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る