料理は少しの工夫に少しの手間が大切!真空調理の良さを最大に生かしましょう!

2019年2月12日(火)今日の試食は、今年の父の日企画として牛肉消費日本一の和歌山県市内で精肉加工卸最大手の株式会社ミートファクトリーさんから人気の直売所で販売されている黒毛和牛「熊野牛」の極上ロース焼肉用、すき焼用ロース肩ロース、すき焼用モモ肉、キリ落としの提案をいただきました!見た感じモモ肉にも関わらず刺しが入っていてこんな肉質初めて見ました!ひょっとしたらもも肉が美味しくなるような飼育をさせている可能性があるのでは?と思いました。モモ肉は脂身が少なくて柔らかいのが特徴で、割り下で食べると絶品です。そんなモモ肉に注力して飼育された可能性を感じました!何とこの肉質で100g700円は安い!念の為焼いて試してみましたが、ロースは他の黒毛和牛と比べて差はありません。飛騨牛や神戸牛に比べると値段も安い分味覚も劣りますが僕の見た目通り、モモ肉は柔らかくて口の中でとろけてしかもしつこくなく食べ易く割り下ですき焼にしたら絶品だと思いました!・・これで100g700円とは有り得ない!霜降りモモ肉300gと紀州備長炭活鰻蒲焼を2尾をセットにして送料込1万円!持ってけドロボー価格でのご提供です!

同じくミートファクトリーさんから紀州うめどりの照焼の再試食が来ましたが、たれに漬け込みスチコンで焼いているのでタレが染込んで照焼には見えません!スチコンで火を通してバーナーかオーブンで焦げ目を付けて甘タレ(醤油・清酒・砂糖・味醂・片栗粉)を袋に入れて真空パックいただくと美味しい照焼が完成します。たれに漬けこまない事がポイントとなります。


岩手県の及川さんに無理をお願いして岩手県水揚の秋刀魚を使用して骨抜きして天日干しを作っていただきました。その天日干し骨抜き秋刀魚を吉フーズさんで梅煮に仕上げていただきました。前回は醤油辛かったので、醤油と砂糖を25%減らしてもらいました。随分あっさりとして天日干しで干されてアミノ酸が増した秋刀魚がとても美味しいです。北海道釧路沖から岩手沖合いにかけて秋口に摂れる立派な秋刀魚です。いやーかなり旨いです!水産業者様のご協力によりおかずセットの旨さが増します。

大阪市西成区で創業90余年の矢田健商店さんから、宮城県のラーメンチェーン蔵八さんを経営する株式会社服部のセントラルキッチンで作ってもらった仙台名物の牛タンそぼろで「牛タンそぼろ丼」を作ってもらいました。レンジで簡単に食べられます。刻んだ生姜を加えて煮込むとこんなにまろやかな味になるとは自分でもびっくり!

愛媛県産の筍とスナップエンドウに淡路鶏のむね肉を加えてとろみだしで炊き合わせた2回目の試食ですが、鶏肉がかなり美味しいです。最近梅田界隈にも淡路鶏を使う焼鳥屋さんが出店されるなど食材の宝庫兵庫県淡路島は人気上昇中!
鳥取県境港から提案いただいた豆鰯を間違えて使用し、甘酢あんかけを作ってしまいました。味は美味しいのですが、見た目が豆鰯ではイマイチ。境港の小鯵のフィレを使用して再度作り直すようにお願いしました。

先日大阪中央卸売市場で買い付けた旬のヤリイカの照焼の2回目の試食です。僕が伝えたようにボイルして焦げ目をつけて、醤油・清酒・砂糖・味醂・片栗粉の甘たれを袋に入れて真空パックしたら、こんな美味しそうになり柔らかくて見違えるよう出来ました。料理は少しの工夫と手間がポイントです。真空調理の良さを最大限に生かしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る