鮮魚で買い付け、その場で切身に 味噌漬け 手焼き 出雲のスズキ西京焼き 最強に旨かった!

2019年5月14日(火)今日の試食1品目は、先日大阪中央卸売市場(本場)の鮮魚仲卸㈱利州さんで買い付けた島根県出雲産のスズキを漬魚専門の㈱三恒さんで西京味噌漬けにしてもらい、場外の魚焼き専門店㈱カネスイさんで手焼きして冷凍したものが届きましたので、レンジ解凍して試食して見ました。見るからに美味しそうに焼かれています。思った通り脂も乗っています。鮮魚を直ぐに西京味噌に漬け込んでいるので身がプリプリで、弾力があります。三恒さん特有の上品に漬けられていますね。アツアツのご飯に身を乗せて、山葵を添えてお茶漬けも美味しいと思いました。お酒の肴に、ご飯の友に、お茶漬けの具にといろいろ楽しんで頂けます。

2品目も利州さんで買い付けた宮城県石巻産のキンキをカネスイさんで塩焼きにしてもらいました。少し塩が足りません。焼きも弱く感じましたのでやり直しです。しかし身は新鮮なので塩を振り香ばしく焼けば絶品間違いなし。片栗粉を打って180℃の脂で素揚げにしても美味しく、煮付けもお願いしているので届くのが待ち遠しいです。



3品目は奈良コープ産業さんの柿の葉ずし炙り鮭と鯖です。薄っぺらいネタで今一です。少し高くても良いので食べ応えのあるネタの柿の葉寿司が食べたいです。



4品目は国分さんから提案いただいた本場フランスで作られている地中海野菜のキッシュです。チェリートマトにズッキーニ・赤パブリカ・黄パブリカ・玉ねぎ・ドライトマトに卵と生クリームをたっぷり入れて焼かれています。少し香草の香りがする白ワインと合うキッシュですが、焼きが弱く半焼けといった食味でした。



5品目もフランスで作られたエメンタールチーズとクリームチーズ・コンテチーズと3種類のチーズを生地にたっぷりと乗せて卵と焼き上げられたキッシュですが、チーズと玉子の相性が良くて、ふわふわとした食感ですが、肝心の生地が香ばしく焼かれてないので食感が今一でした。もう少し使用する玉子とチーズを質にもこだわり、濃厚な味に仕上げ、肝心の生地もしっかり焼いて欲しいと思いました。海外の料理は一流以外は殆どが大味なので、繊細な日本人の口を満たせるメーカーは多くないと思います。そんな意味でも首都圏で店舗展開しているフランスの高級冷凍食品「ピカール」さんの試食は定期的にしたいです。



晩ごはんは自宅で冷凍タイプの夕食おかずセット健幸ディナー「天津玉子の野菜中華あんかけ」に「笹切こぼうの柳川風」と「茄子と玉ねぎのチリソース煮」のセットを食べました。富山市で玉子焼き専門に製造して全国のレストランや寿司屋さんに卸している㈱三和製玉さんが焼いた天津玉子はふわふわで口の中でとろける食感はもっと食べたくなります。一流ホテルや料理屋さんに野菜主体の中食を製造して卸している大阪生野区の大つるさんにこしらえてもらった笹切ごぼうに溶き卵をあしらい隠し味に生姜を効かせた柳川風は惣菜の域を超えた逸品料理です。大阪西区の吉フーズさんに作ってもらった茄子と玉ねぎのチリソース煮も旬を迎えた茄子のとろっとした食感とシャキシャキ感が残る玉ねぎも辛過ぎないチリソースも美味しい。自分で言うのは可笑しいけど冷凍惣菜の域を超えたと言っても過言ではないと思いました。火を止めず沸騰した状態で加熱調理するのでアツアツの料理が食べられます。コレいいですよ。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る