偶然にも北海道からのお客様が午前と午後から重なりびっくりしました!

2017年9月14日(木)今日は、午前中にアサヒビールさんが東京から広域営業部長が代わられたと言うことでご挨拶に来られました。昼から来社される有機野菜宅配大手様に手作り惣菜を納品されている中一さんも同じ北海道は札幌からお越しで、アサヒビールさんも札幌支社からの転勤だと言うことで偶然にも北海道からのお客様が重なり驚きました。
本日の試食は全国農協食品さんの鶏ごぼうピラフをまず試食しましたが、ピラフと言うよりかは炊込みご飯を大型釜で炊いたような食感でした。

同じく全農食品さんのレンジで簡単国産さつまいもの天ぷら190g/351円はお買い得で美味しいです。

京都桂茶屋さんのレンジで簡単カップ入りの九条ネギ入り鴨南蛮蕎麦ですが、だしも具材も美味しいのですが麺が柔らかすぎます。

同じく桂茶屋さんにちりめん山椒が入った雑炊を作ってもらいましたが、これも味は抜群ですが柔らか過ぎます。おそらくご飯を冷まし過ぎだと思います。冷ますことで水分が飛びますが、雑炊としてだしを加えてパックして、冷凍し湯せん加熱するので水分がご飯に染込みご飯が柔らかくなるので、炊き立てだしを加えてパックしてから急速冷却することがポイントとなります。ちょっとしたことで大違い!

大阪西成区の矢田健さんから手作りのミートスパゲティーとバジルのスパゲティーをカップに入れると、麺がレンジ焼けするのでレンジ対応袋で作り直してもらいました。両方ともカップ入りと比べものにならないほど麺の食感も良くなってソースも美味しくなりました。

大阪阿倍野区廣岡精肉店さんの豚肉のハンバーグ120gを試食させていただきました。食感が柔らかいと思い尋ねると玉ねぎを炒めているそうです。味も大手メーカーの調味液のような感じがしたので、尋ねると自家製の醤油タレを少し加えているとのこと。この味が大手メーカーの味と勘違いさせているんだ!と実感しました。僕は豚肉の旨味を最大に引き出させる為にあえてつなぎも少なくして肉は6.4mmの粗挽きを95%、玉ねぎに手を加えず刻むだけにして、塩と黒胡椒とつなぎは黄身とパン粉少々だけで仕上げて欲しいと思っているぐらいです。それからすると粗挽きが細かく上品な仕上がりでした。これはこれで美味しいので醤油ベースのたれだけ外して塩と黒胡椒に変えるようにお願いしました。

大阪西区の吉フーズさんからごろごろ新じゃがのフォンドボー煮込は野菜が柔らか過ぎるので湯がかず煮込み時間を少なくするように。

鰤の寄せ鍋のだしを昆布と鰹だしか確認するように指示。

ハンバーグのバジル入りデミグラスソース煮込みは美味しかったです。

徳島県の美好食品さんから地元のさつまいもの昆布煮は、初めて食べましたが結構美味しいです。

何回も試食を繰り返しているハンバーグトマトソース煮込ですが、ケチャップが濃過ぎで美味しくないから今回で試食を中止、取り扱いを断念しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る