兵庫県南あわじ市、高知県安芸市、福岡県宮若市、宮城県栗原市から絶品グルメが届きました!

2017年10月31日(火)今日は、兵庫県南あわじ市からとらふぐや鱧、サクラマスをのせた蒲鉾と、穴子、蛸、めかぶを練り込んだ蒲鉾が届きました。蒲鉾の消費が減少していく中、皆さん色んな工夫されているのがわかります。

高知県安芸市からは釜揚げしらすとどろめ(生しらす)とちりめん丼専用ポン酢が届きました。釜揚げしらすとどろめと薬味(ネギ・みょうが・海苔・胡麻)をセットした丼セットも届きました。失礼ながら、本場の淡路や篠島や駿河湾のものを取扱っているので、正直大したことはない!と思っていましたが、見たとたんに、凄い!と思わず叫びました。小さな繊細にふくよかな釜揚げしらすが目に飛び込んできました。生しらすも鮮度が良い感じです。試食しましたが、思った通りの食味でした。今年は全国的に海温が高く、小さなしらすが無いのに、このサイズとこの繊細なほどのふくよかさを出す加工には驚きました。例年ならもっと美味しいのだろう!と。丼専用ポン酢をご飯にしらすを乗せて試食しましたが、抜群の美味しさ。特に珍しいどろめに薬味を加えて専用ポン酢でかき混ぜ、熱いご飯にのせて食べたところ、絶品でした。早く皆さんに食べてもらいたいです。

福岡県宮若市から「笹ちまき」。具乗せおこわを笹で巻いたもの、中華・鶏ごぼう・海老・穴子・赤飯、豚の角煮、鰻、穴子、栗、9種類のおこわ乗せ笹巻きをいただきました。これまでも多くのおこわの笹巻きを試食させていただいてきて、正直大したものが無かったので、期待していませんでしたが、見た目も美味しそうで、食べても美味しかったです。豚だけメキシコ産ですが、他は全て国産原料で、この点も珍しいです。母の日や父の日、敬老の日、更には土用丑など、用途別にギフトとしても喜ばれるのでは?と思いました。

最後に先週お伺いした宮城県栗原市の漢方和牛ダイチさんから、漢方和牛のハンバーグ、漢方三元豚のハンバーグ、漢方豚のモモ厚切りタレ漬け、ロース厚切りタレ漬け、一口焼き肉が届きました。漢方和牛のハンバーグは想像していた通りかなり美味しいです。豚肉ハンバーグは、少し味が弱いです。仙台味噌を少し混ぜたら豚ミンチとの相性が良いので食味が凄く向上すると思いました。タレ(味噌)漬けはモモの方がしっかり染込んで美味しいです。ロースは脂身が多くダメ!一口サイズの方も少し臭いです。先日牧場を見学した肝心の漢方和牛の試食が届いて無いのが残念でした。こだわりの自然交配100%で、メス赤牛に雄の黒毛和牛を掛け合わせ、出産直後から人の手で15種類の漢方薬とえごまを与えて育て、農林水産省が7番目の和牛として認めた、A3以上の肉質は作らない方針の宮城漢方和牛を食べてみたいので、お金を支払っても購入して試食したいと思っています。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5