味は申し分なくなってきたので、食材の組み合わせに工夫を凝らしていきます!

2017年9月25日(月)今日は、大阪西成区の矢田健商店さんから広島県産の牡蠣が入った牡蠣の寄せ鍋が届きました。牡蠣のだしが出て美味しく仕上がっていました。カップに入っているので、レンジで9分、牡蠣鍋が楽しめます!

京都桂茶屋さんから蟹の身がのった冬のちらし寿司が届きました。ご飯がきっちりと敷き詰められてなく、椎茸も炊き過ぎて黒くなったのを使用されているので、見た感じ美味しそうに見えない。味はお酢が効きすぎています。蟹身を紅ずわいのフレークに変更してお酢を半分にし、椎茸煮を煮込まず、グリーンピースをちらしての、やり直しをお願いしました。

徳島県の美好食品さんからキンピラ牛蒡が届きました。随分美味しくなりましたが醤油辛いです。醤油を半分にして牛か鶏の端材を加えて炊き込むと味がのりや美味しくなります。

大阪西区吉フーズさんから熊本県産の里芋と小やりいかとがんもの炊合せを試食しました。味は美味しいのですが、酒の肴には向いているが、ご飯のおかずには?と思うので蛸に変更をお願いします。

白菜と大根のそぼろあんかけは、白白なので緑の野菜を加えるように指示。

かぶと九条ネギの和風あんかけは美味しかったです。

小松菜のおかか和えは小松菜の量が多すぎるので、半分にして白菜と油揚げを加えて煮浸しにするように指示。

青梗菜と人参、玉ねぎの炒め物ですが、玉ねぎの使用割合が多いので、白ネギなどに変更するようにお願いしました。

大豆と千切り大根の煮物は、丁度良い固さに仕上がりました。味は申し分ないので、後は食材の組合わせに注力して行きたいと思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る