大きな栗に、里芋。国産100%を宣言しているわんまいるにとってはうらやましい!だけど食べればわかる!

2017年9月30日(土)今年も早いもので、今日で9月も終了です。残すところあと3ケ月となりました。今日は3月の掲載商品の企画のプランと校正を行いオフィスへ。
ランチは阪急惣菜を制覇するべく、六斎さんのお月見弁当です。1080円と少し予算を超えますが美味しそうだったので購入しました。1080円の弁当だからなのか、阪急の手提げ袋に丁寧に入れてくれました。上蓋は輪ゴムやセロテープでなく。帯紙でお月見弁当と書かれています。一括表記ラベルも裏側に貼られています。栗ご飯も、もち米が少し入っているようで、もちもちとして美味しく立派な栗が2個も入り、さらに細かく刻んだ栗も入っています。これだけ立派な栗が使えるのは国産100%を謳っているわんまいるからすると、うらやましい!

炊合せの小松菜のお浸しは、しめじ入りでアクも除去され食べ易い。小芋も大きくて国産では見たことが無いサイズ。海老のさっと煮、月見に見せた煮玉子、鶏つくね、南京煮、がんも煮、さつま芋のレモン煮、骨なし秋刀魚の幽庵焼き、煮しめ昆布、蒲鉾花麩煮、銀杏煮、こんにゃく煮、赤キャベツの甘酢漬けの合計、栗ご飯+14品のおかずのセットに、最後はウサギをかたどった小さなポテトフライが添えられたお饅頭には感動です。ちょっとした配慮が料理全体を引き立たせます。ひとつずつのカットも小さ過ぎず、味も濃くなく、1080円するだけあって文句を言うところはありません。わんまいるは国産野菜100%を宣言しているので、栗などは高いのでなかなか使うことが出来ません。だけど国産の栗や里芋などは食べれば甘くて美味しいので、違いはわかるとと思います。さぁ3月の掲載計画を仕上げよう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る