小さなミニ彩弁当ながら何と12品も入っているなんでビックリ仰天!美味かったです。

2017年8月27日(日)昨日から引き続き、サイトリニューアルの校正などしにオフィスへ。今日のランチは梅田阪急本店 惣菜売り場のお弁当です。
今日は地下一階は行ってすぐ裏手にあります「和の国」さんに。いつも野菜を沢山取り入れたお弁当やおかずの詰合せを販売されています。雑穀のリゾットや焼き野菜セットなど結構こだわりメニューが豊富です。試しに季節のミニ彩弁当771円を買ってみました!

しめじが入った小さめのおむすびが2個、ブロッコリーと小松菜えんどう豆のお浸し、赤魚の塩焼き、さつま芋のレモン煮、玉子焼き、小茄子の揚げびたし、銀杏、ししとう焼き、ごぼうと人参と鶏肉の旨煮野菜が入った魚のすり身天ぷらと、柿の形をした団子が盛り付けられた何と12品セットです。小さいながらもこれだけの品数はこれまで食べた阪急阪神百貨店の惣菜弁当の中でも一番多いです。保冷剤を入れてビニール袋に丁寧に包んでくれています。どうも阪神と阪急ではこの包み方に違いがあるように思います。袋から取り出すと原材料の一括表記が横に貼られています。この配慮が嬉しい。一番見えるところには「和の国」ブランドロゴシールが貼られてい感じが良いです。大半が輪ゴムなのに上蓋はデザインされたセロハンテープで止められています。スゲェ配慮!どの品も結構美味しいです。全体に薄味で殆ど保存料の味がしません。お客様からたまにクレームが寄せられるエンドウ豆の筋は取られていません。取るとばらけてしまうのであえて取っていないと思いました。期待して食べた卵焼きたけがいまいちでしたが、ごぼうと人参を鶏肉の切り落としで旨煮にするのはコストを旨く考えて研究しているなぁと思いました!少し早いですが、秋のギンナン2個や柿の木の饅頭をセットしているなど、工夫を凝らされているのには頭の下がる思いです。ペーハー調整剤やソルビン酸の使用は記載がありませんでした。何かしらの保存料は使っているでしょうが、特有の苦い味もしなくて、また買いたくなる品数と味でした。他のも是非食べたいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る