平塚で開催される株式会社ニッショウ創業20周年式典に参加しました!

2017年10月1日(日)今日は、わんまいるの加盟店様で、神奈川県茅ケ崎市に本社を構える福祉用具レンタルとディサービス事業を藤沢市と平塚市を合わせ展開されている株式会社ニッショウ様の創業20周年にお招きいただきましたので、お伺いしました。朝6時半に起床、いつもの如く自分でパンと目玉焼きを焼き、用意してくれている野菜サラダにスーパーいかりオリジナルのチルドタイプのサウザンドレッシングをかけた朝食を摂り、7時20分にJR塚口駅から新大阪のぞみで新横浜駅→こだまで小田原駅→東海道で平塚駅に着いたのが12時前。結構かかりました。

小腹が空いたのでコーヒーブレイクにスターバックスに立ち寄り美味しそうなドーナツ280円を試しましたが、小麦粉の量が多くねっとりと重たく砂糖が凄く多く、軽く食べたつもりが結構なカロリーと糖質でびっくりしました。

記念式典の会場ホテルサンライフガーデンへ向かいました。従業員さん80名に、お取引先などが招待され、8人がけのテーブルが約16テーブル、総勢128人が参加。社員が協力して作成した社史のビデオや写真などを使われ、素人とは思えない出来栄えにびっくりしました。
式典のメニューです。先付は、何故かごま豆腐、前菜は、鰹のたたきと高原野菜添え、お椀物に馬鈴薯饅頭と秋野菜の和風あんかけ、メインデッシュは牛肉のローストビーフの木の実とポテトのムース添え、〆はサーモンとイクラといかのちらし丼、デザートはモンブランに塩キャラメルアイスクリームのコースでした。

イベントは、フジテレビのものまね王座決定戦に出演されているメンバーが、マッチ、松田聖子、矢沢永吉、マイケルジャクソン、谷村新司などの物まねを披露。いやー松田聖子ちゃんは、本人より若くて可愛かったです。 社員が考えたクイズの早押し大会には僕もテーブル代表で参加させていただきました。

ニッショウ様は20年記念式典でしたが、弊社は来年30周年を迎えます。10年前の平成19年のことを思い出しました。酒の小売免許が自由化になり、売上が一気に減少。平成17年11月に伊藤忠商事と業務提携し、地域名産品を主体とした御用聞き宅配サービス「わんまいる」として屋号を替えてスタートしてから2年目でした。まだ、お酒・お米の宅配供給高は70%もあり、加盟店様も200店舗程存在していました。弊社の売上は加盟店様から頂戴するロイヤルティーとシステム使用料と加盟店様が使用するカタログとチラシの販売代金です。商品はすべて提携する各地域の酒卸問屋さんと加盟店様との売買契約となっており、わずかな手数料で営んでいました。加盟店さんが離脱すると収入が減ります。地域名産品や冷凍惣菜の売上が増え、酒の卸さんは冷凍物流を行っていないので、現在のように自らセンターを構え加盟店様へ直接納品する売上が増えると、センターの在庫管理や商品の問い合わせは、すべて弊社側でやらなくてはいけなくなり、平成25年から弊社の帳合に切り替え、酒卸様経由で加盟店様に売り、一部の加盟店様には直接卸させていただき、EC通販を26年からスタートさせ、センターから直接お客様宅へ届けるようにしました。今日では会社の半分以上が冷凍食品の売上となり、利益の構造も随分変わりました。企業の周期は30年と良く言われますが本当にそうだと思います。変化することが悪ではなく、変化こそが企業を続けていく最も大切なことだと改めて思いました。弊社は現在、生産者から直接食材を仕入れ、一次加工、最終調理、センターで在庫を管理して注文に合わせてピッキングし、出荷お客様まで届けしています。問い合わせのサポートセンターの運営、そして、カタログ宅配事業に加え、インターネット通販の本店サイトと楽天やヤフーアマゾンロハコと言ったモールへ出店出品。そして、隠れた名品匠の絶品グルメサイトを立ち上げて、大手百貨店様やスーパー様との提携も検討しています。食育にも力を入れて。健康寿命延伸と日本の農業漁業の振興に貢献し食で日本を豊かにしたいと思っています

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




twitter

facebook

最新の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5