わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (9/11~9/17お届け分)

僕は子供の頃から周囲の人を笑わせたり喜ばせたりする事が大好きで、特にお祖母ちゃんに買って帰ると美味しいと喜ぶ笑顔が忘れられません。23歳で居酒屋の店長に抜擢された事で学んだ”美味しい料理は食材に有り”と今日まで37年間卸売市場にも顔を出し全国各地の水産事業や漁港、農産物などの生産者を回って来ました。そして「餅は餅屋に聞け」の諺通り、専門の食品製造会社に委託製造して常に品質と美味しさを追求し、著名な料理研究家や料理人、管理栄養士にも協力して戴き、ご当地の食材を使った作り立てのおかずを味わって戴こうと冷凍でお届けしています。それぞれの料理に合わせた解凍方法で召し上がって戴く事を推奨しています。それでは今週お届けする献立メニューのご紹介をさせて戴きます。

1食目の主菜は、「北海道産 秋鮭の塩焼き」です。西日本最大の大阪中央卸売市場で、“鮭の三恒”と異名を取る三代目三上社長が、自ら現地に行き目利きして買い付けた、しっとりとほどよい塩加減の鮭を、弱火でじっくりと焼き上げました。ポロッと身が取れて旨味がギュッと詰まっていてジューシーです。副菜は、たんぱく質、食物繊維、カルシウム、ビタミンB 2など栄養素がたっぷり含まれていて、食感のよい卯の花を使った「ほうれん草と人参の卯の花和え」と、強い抗酸化力があるナスニンを含んだ茄子を石見ポークの挽肉とで絡めた「茄子のそぼろあん」をセットにしました。

2品目の主菜は、「宮城県産 金華さばの煮付け」。宮城県石巻漁港で水産仲買と加工・製造まで行うミノリフーズさんで、真空個包装調理してもらった身はフワフワで味もしっかり染込んで腹骨は取っているので食べ易く、本来の日本の鯖の味が味わえます。さばには、良質なたんぱく質や、脂質、ビタミン、鉄などが豊富です。副菜には、ネラルも多く含まれる小松菜を使って、人参を入れて彩りもよくした「小松菜と人参のお浸し」と歯ごたえの良い「きんぴらごぼう」をご用意しました。

3食目の主菜は、「国産牛肉の肉豆腐」です。1.3mmにスライスした国産牛バラ肉を軽くボイルして余分な脂を落し、焼き豆腐・白菜・ごぼう・玉ねぎ・人参を入れて、特製つゆで煮込みました。甘めのつゆが食材にじっくりしみ込んでいて、とき玉子をつけて食べたら最高です。残った煮汁をご飯にかけても美味しいです。副菜には緑黄色野菜の中でも栄養豊富なかぼちゃをそぼろと組み合わせて、かぜ予防にと「かぼちゃとしめじの煮物」。それに群馬県大田市特産の大和芋を使った味付けとろろ「三日とろろ」をご用意。長芋に含まれる消化酵素は、胃の消化を助けてくれ、ビタミンや、食物繊維などもバランスよく含んでいます。

4食目洋食メニューの主菜は、「桜島鶏のリコピントマト八丁味噌煮」です。鹿児島県の銘柄鶏でジューシーな味わいの桜島鶏を原料に、生活習慣予防にも効果があるとされるリコピンが含まれているトマトを使い、八丁味噌を加えてコクを出した煮物に仕上げました。副菜には、コーンの甘さが引き立った「コーン、玉ねぎとしめじのスープ煮」と、胃腸を保護し、消化吸収を助けてくれる、キャベツを使い、刻んだ野菜に胡麻風味のドレッシングで和えた「キャベツとごぼうのドレッシングサラダ」をセットにしました。

5食目の中華メニューの主菜は、「石見ポークの酢豚」です。単品でも常に売上総合ベスト5以内に入る商品で、脂身が苦手な人でも安心して美味しく召し上がっていただけます。反面、脂身が好きだと言う方には物足りなさがあるかもしれませんがご了承願います。豚特有の臭みがないのも特徴です。石見ポークと大きめにカットした人参・玉ねぎ・ピーマンを甘酢あんで絡めていて、甘酢の酸味が食欲を掻き立ててくれます。疲労回復が期待される豚肉や、風邪予防、美肌効果も期待されるビタミンCが豊富なピーマンなど、多くの食材が摂れて、ボリュームも満点です。副菜には、豚ミンチ肉を加えて煮込んだ「青梗菜と長ねぎの中華煮込み」と、「トマトと玉子の中華風」の炒り玉子をセットにしました。トマトに含まれるビタミンCは、卵に含まれる鉄の吸収を助けてくれるので、貧血予防に効果的です。

来週もお楽しみに!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




twitter

facebook

最新の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5