7時20分発神戸空港から仙台空港へ、宮城県庁様からの招待で展示商談会に!

2017年10月24日(火)今日は、朝7時20分発、神戸空港から仙台空港へ向かい仙台駅前開催されている、山形県&宮城県展示商談会に宮城県様から招待いただきました。

両県からざっと100社程参加されていて、バイヤーも大手百貨店様から通販事業者等多くの事業者様が参加、今回で10回目の開催です。商談成立率も高く、凄く積極的で、各自治体を代表する地域名産品のメーカーさんや食材の生産者様が多く、ご当地開催ならではの展示会だと思いました。仙台空港では牛タンがあちらこちらで販売されていて消費者からも人気が高いと思いました。山形県のブースでは老舗料亭から創業され、漬物メーカーとしても有名な料亭掬亭で、地元宇津沢のかぼちゃで作ったコロッケや、名産の芋煮。十六代続く老舗の最上まいたけさんの白舞茸、めかぶ、わかめ等。三陸の海藻類専門メーカーであるカネカシーフーズさん、燻製玉子で有名な半澤鶏卵のスモッチはこれまで食べたことの無い食感と食味でした。これは口コミで広がるのはわかります。
既にお取引している石巻の水産会社ヤマサコウショウ様も参加、今回蛸や牛タンつくねの提案をいただきました。仙台焼きそばでは、菅野食品さんが元酒屋さんからの創業とおうかがいして親しみを感じました。少し硬い食感で仙台味噌が何とも言えない味を醸し出しています。キャベツと豚肉を加えて冷凍してレンジで簡単に食べられるようにとお願いし、快く承諾いただきました。そして地域特産の雪菜を練り込んだ山形県が推奨して売り出されている、青葉餃子も試食ニンニクの代わりに地元の白ネギを使用していて美味しかったです。隠し味に塩麹をほんの少し加えてみるようにお伝えしました。
宮城県で漢方薬を調合した餌を与えることで脂身の少ない牛を作り、漢方和牛として農林水産省が承認した新生漢方牛、先週訪問した山形県金山に養豚場がある大商金山牧場さん、それに山形県の玉谷製麺さんは星の形をした子供やママが喜びそうなマカロニを展示されていました。地元、山形産の小麦粉100%で作られていると聞きましたので東急百貨店さんから頼まれている離乳食に使えないかと相談、レシピとメニューの提案をいただくことになりました。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る