堀田の試食歳時記 vol.84

昨日の試食は、神戸南京町(中華街)で行列が出来る老舗香蘭さんから海老餃子を提案戴きました。豚まん・シュウマイ・餃子は天下一品、創業者は北海道から神戸元町に出て来てアイスクリーム屋さんから始め北海道ラーメン専門店「北海」を開業、お店で大人気の餃子・シュウマイ・豚まん専門店香蘭を中華街で開業、空港や新幹線駅構内などお土産品として販売、わんまいるとして販売させて欲しいと頼んで平成21年から取り扱いを開始しました。お客様に大人気です。

二品目は惣菜専門店大阪西区服部恒さんから、グリーンピースの卵とじを作って戴きましたが、卵の量が少なく高野豆腐と椎茸の切り方が小さ過ぎると近藤先生から注意されました。味は凄く美味しいので、高野豆腐と椎茸を大きくカットする事で、そのまま高野豆腐と椎茸の含め煮としてメニューに加えることになりました。卵とじはとじとして別に作ってもらいます。三品目も服部恒さんにビーンズサラダを作ってもらいましたが、おからが入っていて、一同がビックリ!・・・・・しかし食べると美味しい!おからの柔らかい食感と豆の硬さが凄く相性が良くて・・・・これもおからとひよこ豆の和え物としてメニューに加えることに、ビーンズサラダも別に進めます。

四品目は同じく服部恒さんにかき揚げを作ってもらいましたが、ネタ天ぷらのように多く付きすぎてかき揚げになっていません。料理の世界ではかき揚げと天ぷらとは異なります。食材を細く千切りにして薄いネタで描き絡めて高温180度でサッと揚げるのがかき揚げだそうで、衣で覆って揚げるのを天ぷらと呼ぶそうです。かき揚げの冷凍品なら僕は日本一と思っている広島の花天さんを紹介するので、花天さんのかき揚げを個食パックして使って欲しいとお願いしました。五品目はふかしじゃが芋で、近藤先生からは真ん中から縦にも切ることで断面が増え柔らかく成りますとの指導を戴き再挑戦です。最後に矢田健さんにお願いしていたレンジで簡単に食べられるカップに入ったお蕎麦が到着、汁が少ないのと麺が湯がき過ぎ、出汁は鰹だけとおもうので炒り子も加えて出汁をとる事で味が上がると近藤先生からご指導を戴き今週中に再度試食する予定です。

本日のピカイチは、残念ながら有りませんでした!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

  • 堀田の試食歳時記 vol.84 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る