堀田の訪問日記 vol.2 (泉佐野市編)

昨日は、関西国際空港があり、和歌山県との県境に位置する、大阪府泉佐野市庁で地元の若手こだわり農家4H倶楽部のメンバー、こだわり珈琲専門店の吉田珈琲さん、それに神戸の中華料理専門店「吉芳」の行光社長をゲストに向かえ、泉佐野市で採れるこだわり野菜を使って中華料理を作り、わんまいるや吉芳さん、吉芳さんが卸しているいかりスーパー(行光社長はいかりスーパー創業者のご子息)や大丸百貨店などでの販売を計画するべく、打合せを行いました。まずは、この時期から1月・2月で何が収穫できるのか?など聞き取りながら、収穫される野菜からどのような料理が出来るのか?など約2時間程討議致しました。通常は農家は農協に出荷、全農を通じて地元の卸売市場或いは全農⇒一次卸⇒各地域の卸売市場⇒仲買卸⇒小売店⇒消費者への流れですが、今回は生産者から直接仕入れることでコストを抑えられ、しかも近郊での調理となる為、新鮮な野菜で料理が作れます。今後は、食材に適した料理を作る事でまさに弊社の理念であります、栄養価の高い旬の食材での調理が可能となります。image

今回は、地元で人気の松浪キャベツを使った焼きそばやホイコロー(回鍋肉)、泉佐野の青梗菜を使った中華餡かけ、泉州玉ねぎを使った焼売
や餃子4品を、元東天閣総料理長の李さんにお願いして試作品を作って頂く事になりました。

休憩時間には、地元のドリップ珈琲専門メーカー吉田珈琲さんから差し入れして頂いた、珈琲を味見がてらいただきました。別段何も思わずいただきましたが、ドリップにお湯を注いた瞬間、香ばしい珈琲の香りが立ち、焙煎したてなのだなぁ。だからひとつずつアルミでパックしているのだなぁ。と思いました。一口いただくと、酸味がほのかに利いているにも関わらずマイルドな味でふくよかなコクがあって大変美味しかったです。感想をと伝えると、吉田社長より、さすが堀田社長!仰る通りで、自社のオリジナルブレンドなんです。焙煎したその日にドリップ加工し、袋詰めしています。だから鮮度がよくてこの香りと味が楽しめるのですよ。と…さすがに美味しいはずです。image

今日は、野菜といい、珈琲といい、何でも鮮度が大切なんだなぁ?…とつくづく感じました。若手のこだわり農家が作る「浪速のエコ野菜」
で李料理長の北京料理。。。う~ん美味しそう…早く食べたいですね!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット
  • 堀田の訪問日記 vol.2 (泉佐野市編) はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5