堀田の試食歳時記 vol.121

昨日は、毎年京都鴨川の枝垂桜が咲き乱れる頃、日本三大千家(表千家、裏千家、武者小路千家)の皆様も含め全国から35000人来場される鴨川お茶会に使われている井津美屋本店さんの「京のよもぎ餅」と「抹茶うば玉」を提案頂きました。渋いお茶に負けない堂々とした食感、京都らしい上品な口当たりはさすが・・・・・と思わず、美味しゅうございます。

image

日光国立公園奥日光で昭和2年から一子相伝の匠技精神で菓子作り一筋の丸彦成
果さんから手作りの吟匠煎餅の提案です。うに、ごま、はちみつと三種類の揚煎餅です。21枚化粧箱入りは手土産にも最適、一枚一枚個包装で湿気ません。本当に美味しいです。お茶受けに是非お楽しみ下さい。

image

福岡市博多区の洋菓子の五洋食品さんから地元九州産の原料にこだわったモンブラン、ベイクドケーキ、大変珍しいオレンジチョコレートケーキ3種類を戴きました。例えばオレンジケーキはココア味のスポンジにオレンジ゛ビール入りのナツシュクリームとコクの深い生チョコクリームで仕上げられているように、モンブランにはラム酒を隠し味にになど一工夫しています。作りたてを急速冷凍しているので砂糖を控えで出来ています、甘過ぎない生ホップクリームをどうぞお楽しみ下さい。

image

次に北海道産のジャガイモ、黒胡麻、米油とオフォーツク海の塩にこだわって作られたポテトチップスを戴きました。油っぽさが無くてとても美味しいです。これから春に向けてビールのお供に是非どうぞ!

image

本日のピカイチは、日光の一子相伝、手作り揚げ煎餅に決定!ほんまに旨い!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

  • 堀田の試食歳時記 vol.121 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る