堀田の試食歳時記 vol.125

次に、関西スーパー創業者のお孫さんが経営、今日では全国のスーパーや有名ホテルなどへ寿司ネタや魚介類の加工品を卸されている阪神フードさんにお願いしていた青森県産の穴子、蒸し・焼きが届きました。大きなサイズですが身はとても柔らかくて美味しい、タレを付けて半身でパックして欲しいと思います。レンジか湯煎解凍してトースターで少し炙りご飯の上に乗せてタレをかければあなご丼の出来上がりです。昨日は、先週東京のビックサイトで開催された年に一度のスーパーマーケットトレードショー&全国の特産品フェアに行って来ました。そこで佐賀県のお米屋さんが、最新の釜炊き機械を採用して炊き上げた、鯛めしや鶏おこわ等、季節に合わせた炊き込みご飯を見つけ、商談し早速サンプルが届きましたので試食してみました。

まず、佐賀県唐津産のご当地米特別栽培の夢しずくを使用した玄米に高菜とちりめんをトッピングしたこばんを頂きました。カップのふたをめくりお皿の上にプリンの容量で置くと、ちょうど上にちりめんと高菜が乗っています。トッピングの具材の量が多くビックリ!食べると玄米の違和感は少なく、高菜の味とちりめんの歯ごたえのバランスが良くてとても美味しい!125gと少な目ですが、二つ食べるか?別途うどんか蕎麦か、本当は味噌汁とこの一粒庵のご飯だけの方が健康には良いと思いました。もうひとつさくら野沢菜ごはんを頂きました、桜海老がいっぱい乗っていてビックリ!とても美味しいです。早々に交渉して1日でも早く皆様へご提案させていただきます。朝一番の飛行機で行き10時開催から16時まで6時間休むことなく108社のブースへ立ち寄り試食、お腹が裂けそうになりました。54歳を迎えますが、まだまだ元気な自分を見直しました。

image

午後からは京都の桂茶屋さんから、旬のあさりごはんの試食がようやく届きました。さすが桂茶屋さん、見るからに美味しそうです。秘訣を桂茶屋さんに尋ねると、セラミックの釜を使いプロパンガスの直火で炊いているとのこと、ブラストチラー(急速冷却機)を使わず手でご飯を広げ大体20度ぐらいになった段階で冷凍するとのこと、その通りでご飯は冷ましずぎると冷凍して解凍した際にベチャつき、美味しくなくなるのです。早速頂きましたが、とても柔らかくて自然の出しか少し効いて京都らしい炊き込みご飯です。ほんとうにさすがとしか言えません・・・・・・380円でのご提供とさせていただきます、1000食限定売り切れゴメン、ついでにあさりのお味噌汁も作ったとのこと、三つ葉も添えられ、ホッとしますね!このちょっとした気遣いが世界から注目される和食、京都老舗の品格なのでしょうね!あさりのお味噌汁を作ったついでに京都名産「焼き麩」と大根のお味噌汁の提案を頂きました。鰹・昆布・炒り子のだしが大変美味しく頂きました、大根の甘くてとても美味しいです。フリーズドライの味噌汁とはレベルが違います。京の料亭などの下請けをされているだけあって本当に美味しいく感服致しました。

image

次に、関西スーパー創業者のお孫さんが営今日では全国のスーパーや有名ホテルなどへ寿司ネタや魚介類の加工品を卸されている阪神フードさんにお願いしていた青森県産の穴子、蒸し・焼きが届きました。大きなサイズですが身はとても柔らかくて美味しい、タレを付けて半身でパックして欲しいと思います。レンジか湯煎解凍してトースターで少し炙りご飯の上に乗せてタレをかければあなご丼の出来上がりです。

image

春が旬の桜海老のかき揚げと白海老のかき揚げも届きました。プリプリの桜海老がとても美味しかったです、玉ねぎも旬を向かえる春先、天ぷら美味しいです、ねたに少し味付けしているので、そのままか少し塩を付けてお召し上がり下さい。いゃー美味しかったです。

image
  • 堀田の試食歳時記 vol.125 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る