堀田の試食歳時記 vol.130

昨日は、京都と佃煮メーカーこづちさんから京の名産品、ちりめん山椒と茎わかめちりめんの提案をいただきました。正直ちりめん山椒の方は少し固く僕は苦手、特有の山椒の香りもあまりなくイマイチだと思いました。逆に、今人気の茎わかめにちりめんを入れた佃煮の方はとても柔らかくてその中に上干のちりめんの歯ごたえがしてとても美味しかったです。ご飯の上にのせて、熱いお茶をかけた茶漬けは最高でしょう!また辛口の冷酒にもピッタリ!と感じました。

image

大阪西区創業70年老舗惣菜専門店服部恒さんから大阪泉佐野の最近NHKや毎日放送にも取上げられ出した人気の松波キャベツを使った和風ロールキャベツの3回目の試食です。今回は3品提案いただきました。鶏肉に挽いてつくねにして人参など野菜を加え、隠し味に山椒と生姜を加え、一つ一つキャベツを手で巻いた逸品です。近藤先生からも後はスープだけ、鰹でだしをとり和風タイプに仕上げ少しあっさりしたものを選ばさせていただきました。熱を加えると甘くて美味しくなる大阪泉佐野の2月の旬に取れた松波キャベツをどうぞお楽しみ下さい。

image

大阪浪速区矢田健商店さんから、かねてからお願いしていた国産真鯛(養殖)を使った鯛めしを作っていただきました。矢田社長からの提案で、あえてご飯の中に混ぜ込まず、焼いた切り身2切れを薄味で炊いたご飯の上に乗せました。香ばしい鯛の身をお箸でくずし、ご飯と一緒にお召し上がり下さい。とのこと。。。身をほぐして、海苔、山葵を添えてお茶をかけると本格「鯛茶漬け」としても召し上がっていただけます。

image

同じく矢田健さんから鹿児島県産黒豚ヘレ肉と人参の味噌煮込みの提案をいただきました。じっくりと味噌で煮込んているので、とても柔らかくて美味しい!にんじんがお味噌で煮込むとこれだけ美味しくなるとは…初めての食味に感激!炊き立てのご飯と一緒に、辛口の冷酒にもピッタリ!ほんまお奨めです。

image

滋賀県の大福専門店団喜さんから、五月の端午の節句に、地元特産の羽二重餅のよもぎとノーマルなかしわもちの提案をいただきました。甘過ぎない自家製餡を自慢の羽二重餅で包んだお餅はとても弾力があって柔らかくて美味しいです。思わず美味しい煎茶が欲しくなりました。そして前回提案のみたらし団子に焼き目をつけてくれるようにお願いした所、バーナーではなく、わざわざ鉄板で表も裏も焼いてくれ、しかも3種類の焼き加減の試食の提案をいただきました。やや強く焼いたものと中間位のもの、軽めと3種類試食させていただいた結果、気持ち固めですが香ばしさが甘いみたらしに良くあうので強めに焼いた方を採用させて頂く事に決めました。団喜さん、ご丁寧なご提案を賜り誠にありがとうございました。

image
image

大阪の難波で大正9年に創業され、契約農家の餅米にこだわり、精米・蒸し・米搗き・乾燥・焼きまで一貫して自社工場で職人がつくられておられる、大阪を代表する老舗あられメーカー法善寺あられさんから、今回母の日にちなんで第25回全国菓子博覧会会長賞を受賞した9品のあられを一袋にした「味ぞめ」の提案をいただきました。ひとつひとつ異なる味をお楽しみいただけ、8袋がギフトカートンに入っています。

image

NHKのあさイチの番組内で、アーモンドを毎日摂取する実験では5ケ月後にはAGE(エイジ)という老化物質が蓄積されにくくなり、平均で肌年齢が5歳以上若返った、ダイエット効果もあったという内容で放送されて爆発的に売れだしているそうです。無塩で素焼きのタイプなので塩分コレステロールの取り過ぎにも安心だそうです。1日25粒が目安のようです。同じく、悪玉コレステロール値を下げ体重を増えにくくする効果があるオメガ3脂肪酸のaリノレン酸(ALA)は青魚に多く含まれるDHAと同じ仲間の脂肪酸で、1日あたり、くるみなら約7個で人間の体に必要なオメガ酸が摂れるそうです。くるみの方も無塩の素焼きでよけいな添加物を使っていないので安心です。

image

本日のピカイチ、甲乙付けがたいですが、鹿児島県産黒豚味噌煮込みに決定!・・・・・

  • 堀田の試食歳時記 vol.130 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る