堀田のうまいもん日記  vol.118

1月15日(金)、今日は、僕が18歳からのお付き合いをいただいております、日本でも有名な飲食店の店舗設計デザイン会社創楽舎の横井社長とチーフ設計デザイナーでリンガーハットさんも手がけている榊原まゆみさんと一緒に創楽舎がデザイン設計された南森町のステーキバル「パブルカン」に行きました。一階はカウンターで10人ぐらいで地下に4人がけのテーブルが4席あるこじんまりしたお店ですが、サーロインとランプ肉のステーキがメインで、サラダや海鮮メニューもあり、ビールはレーベンブロイを主に流行のクラフトビールの種類、ワインも2,000円~3,000円と超リーズナブルな価格で提供されています。サラダ4種、ステーキ2種類、ガーリックトースト、フランクフルト、焼豚、ローストビーフ、ポテトフライ、ガーリックライスにナポリタンスパゲティーとお腹一杯になりました!榊原さんとは23年ぶりの再会でしたが、昔と変わらない美貌にビックリしました。

image
  • 堀田のうまいもん日記  vol.118 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る