堀田の試食歳時記  vol.289

5月20日(金)今日は何年か前に一度展示会で見つけた素麺と醤油で有名な、兵庫県揖保郡の麺専門会社、辻麺業さんから、とろろと刻み海苔、ねり山葵、つゆがセットされた、山かけ蕎麦を提案頂きました!麺は自分で湯湯がくタイプと聞きましたが、播磨地方の麺は、コシがあるにも関らず柔らかくて食べ易く、しかもヒガシマルの発祥の地だけあってつゆやだしにこだわっている所が多い。早速食べてみると、思っていた通り、食べやすくて蕎麦の割にはもちもちとした食感で、出汁も化学調理料の味は一切せず、まろやかで美味しい!・・・これで540円はお値打ちです。

image

2食目に登場したのは、尼崎で創業90年余り、こちらも麺一筋の丸古製麺さんに頼んで、職人に湯がいてもらって流水でシメて急速冷凍してもらった素麺です。素麺を湯がいて急速冷凍しているのは殆ど見かけませんが、流水で簡単に解凍出来るのは便利です。刻み海苔とおろし生姜をつけて何と380円でのご提供!同じ素麺を自分で湯がいて見ましたが、職人さんが湯がいた方が美味しいです。・・・・夏の食欲の無い時にとっても便利で美味しくお召し上がりになれると思います!

image

さぁ本日の3食目の試食は、北海道から沖縄まで全国にオムライスの店を展開する人気店、ご存知「ポムの樹」から、一般のオムライスに比べ使用している卵の量が多く、ふっくら卵が人気の店のオムライスです。特製ケチャップに関しては、北極星の方が断然美味しいと僕は思いますが、450円はお値打ちです。自宅に居ながら手軽に専門店の味が楽しめます!

image

これから30度を超える真夏日が続くようになるので、外出は控え、宅配でらくらくお買物&宅グルしましょう!・・・・僕が気に入らないものは掲載していないのでご安心を。

  • 堀田の試食歳時記  vol.289 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る