堀田の試食歳時記  vol.320

2016年7月26日(火)今日は、前から一度食べて見たかった、新しく京都のお惣菜の製造を引き受けて下さるようになりました、京丹後の株式会社京都庵様(親会社は油揚げでは日本一のシェアを誇る松田食品工業様で、業務用からスーパーでの販売、コンビニのおでんなどにも使われています。)から、京丹後で作られている、業務用で使う味付け油揚げの提案です。きつねうどんや稲荷寿司に使用されているという事で、うどんに入れて試食しました!・・・甘くて何とも言えない味に大満足!です。さすが日本一のブランドだけあってたいしたものです。

大阪西成区の矢田健商店さんから、豚肉を生地の外側に乗せて焼いたモダン焼きの再試食が届きました!豚肉を生地の中に混ぜて焼くのと上から乗せて焼くのとでコレだけ味が変わるのか?食べ比べて初めてわかります!・・・・上から乗せることで豚のバラ肉の旨みがモダン焼きに染み渡ります。中に混ぜると火が通るぐらいで豚肉の旨みが生地全体に染込みません!1枚ずつ手焼きした大阪モダン焼き、380円はお値打ちです!

最後に福井県鯖江市名産、玄米餅の冷凍をレンジとトースターで焼いてみましたが、焼きたてパンのように行きませんでした!普通に冷凍した餅をレンジで解凍してトースターで焼けばよいので、別段作る事は意味が無いと思いました!

パンの場合は毎日の事ですし、焼き立てを急速冷凍してあらかじめトースターで焼くことを前提に焼き具合を加減して焼けば、バツグンに美味しい冷凍パンが出来上がります!もう直ぐ1個あたり90円の冷凍焼き立てパンを新発売しますのでご期待ください!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

  • 堀田の試食歳時記  vol.320 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る