試食のグルメ  vol.364

2016年10月24日(月)今日は、1913年埼玉県深谷市で創業の地元に密着された、漢方薬局、調剤薬局、訪問看護、カフェ、健康食品製造など幅広く事業を展開されている株式会社大慶堂の取締役大谷まり子様とチーフの後藤様が、わんまいるの美味しくて健康的な旬の手作りおかずセットに興味を持たれ来社いただきました。・・・これまで10万件以上の病気に直面されている大慶堂さんは「健康」の素晴しさ、一人でも多く健康で幸せな生活が送れるお手伝いがしたい。食べる事で健康になる、食べたもので身体は作られると信念をお持ちで、自ら薬膳カフェまで運営されています。早速、試食がてら「健幸ディナー」を召し上がって頂きました!・・・大谷取締役からは、正直言って冷凍食品は今一と言う概念が有りましたが、食べてみてビックリ!冷凍とは思えない!とおっしゃていただきました。

僕はいつもの如く、急ぎのメニューの試食をしました。1食目は、季節はずれの鯖の西京焼き、三恒さんが漬けているので味は美味しいのですが、時期的に鯖は旬の魚ではないし、煮付けならまだしも西京焼きは初夏から秋のものと思っています。12月からなら鱈や鰤や牡蠣、ふぐなど冬が旬の魚を使うべきでしょう!メニューも煮物や鍋物にしましょう!

2品目は、神戸洋食亭さんのロールキャベツです。トマトソースの配分を多めにした煮汁に変更して煮込んで貰いました。前回に比べて肉臭が全く無くなり、凄く美味しくなりました!・・トマトソースの割合を増やすだけで、コンソメベースのスープに比べ、こんなにも味が変わるとは大変勉強になりますね!

3品目、彩り野菜の麻婆豆腐、ご覧の通り野菜が少な過ぎます。麻婆豆腐といえば茄子は外せません。彩りに黄色いパプリカやビタミンCも補えるブロッコリー、冬なら白菜にほうれん草は加えたいものです。野菜の甘みが加わると美味しくなるでしょうね!

最後に美味しい玉子焼きを取扱いたいと探していてネットで見つけた、岡山市の玉子焼き専門店の玉子焼きを送って頂けましたので試食しました。書かれていたようにレンジで2分半だと、中が少し冷たいです。もう一度レンジで温めて皆で食べました!出来れば鰹と昆布の出汁を加えてもう少し味を付けていただけけると東京首都圏の方にも気に入ってもらえるのではと思いました。特に「宅食」の市場は東京首都圏にお住まいの方からの需要が多いですから!

  • 試食のグルメ  vol.364 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る