試食のグルメ  vol.365

2016年10月25日(火)今日は、京都の老舗お菓子問屋鈴木本店の鈴木常務がバレンタインき買うの商談に来られ、それと僕がいか天かすとピーナッツをブレンドした「いか天ピー」の開発を依頼した所、いか天かすが入手しにくいという事で、通常の天かすとピーナッツを混ぜたおつまみ「揚げ玉バターピー」を作られ、自社で販売したいと試作を持ってこられました。正直いか天に比べて随分、食味・食感は変わりますが、既にパッケージデザインまで決めて印刷も進んでいると言う事なので、反対する権利もありませんから、渋々承諾させていただきました。売価150円という値ごろから考えると、ビールのおつまみには良いかも知れません!そして、鈴木本店さんが共同で商品開発に取り組んでいる全国の老舗菓子問屋さんで運営しているNSグループのオリジナル商品で、大手量販店では取り扱いのないカカオ70%以上配合のクルミ入りとナッツ入りの割れチョコレートを提案いただきました。1箱6袋入りなので、2箱12袋で3,000円で送料無料!バレンタイン特別企画で販売したらと思いました。

お昼前にヤフーショッピングの西日本営業部長の榎本様と担当になられる二嶋様に来社いただきましたので、わんまいるのこれまでの歩みと経営理念や方針を説明して、手作りのおかずセットや軽食・地域名産品などを試食していただきました。事前にホームページやブログなどを見ていましたが、想像以上に美味しくて驚きました!と高い評価をいただけました。しかも安い!とも言って頂けました。ヤフーショッピングで掲載していただけるようにこれから話を進めて参ります。榎本部長、二嶋様よろしくお願いします。

夜は、10月4日から入社されました、ウェブデザイナーの新入社員の歓迎会を上司の松本課長と三人で、お肉が苦手と聞いたので、大阪梅田お初天神通りにあるイタリアンバー「クラシコ」に口コミを見て決めました!。・・・流行のバルらしく、高い椅子とテーブルに居心地の悪さを感じ、前菜に鰯の秋茄子のサラダを注文、少し魚臭が…もっと細くスライスして玉葱なども合わせて酸味のあるドレッシングで和えればと思いました!もしくは燻製にして、平いんげんなど緑黄野菜とサウザンアイランドドレッシングかオリーブオイルで和えても良く合うと思いました。先付けのカンパチのカルパッチョは、カンパチとは思えない身の白さと柔らかさ、季節野菜とソーセージのアヒージョ、これは塩辛かったですが美味いです。ワインはメニューには載っていませんでしたが、店の名前がクラシコなので僕の大好きなイタリア産の赤ワイン「キャンティークラシコ」を注文、山芋のアンチョビバター焼きにもピッタリの味、久しぶりのキャンティークラシコ美味しいです。生ハムのパテをバケットに載せて食べる料理は、少し臭みが強かったです。秋鮭のパイ生地風ピザは、パイのように焼けておらず単にフワフワのパンと感じる生地に、殆どチーズソースもかかっていないような鮭がパンからすべり落ちるピッツァにビックリ、メインのペペロンチーノは凄く濃厚なソースで塩辛く、お酒を飲んだ後の〆の麺としては豚骨ラーメンの如く美味しくいただきました!・・・・デザートにフルーツタルトを食べましたが、タルト生地が濃厚な味でクッキーのように硬くて、フォークとナイフとではカットするのは難しいけど美味しいかったです。

  • 試食のグルメ  vol.365 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る