今年の「夏の焼きそば」の具は篠島漁協木下課長お奨めの旬の蛸で決定!

2017年2月28日(火)本日の試食は、5月から売出す予定の夏の焼きそばです。

今年は知多半島篠島漁協木下課長おすすめの旬の蛸を使いました! 蛸の旨みが染み出て大阪の大黒ソースと相性バツグン! 今年の夏の焼きそばの具は篠島産の蛸にに決定!

同じく篠島産の穴子を使用して刻みめしを作ってもらいました。蒸し穴子と焼き穴子の2種類を試食しましたが蒸し穴の方が柔らかくて美味しいかったです。

同じく穴子を使った酢の物「穴ざく」も試食しました。穴ざくは普通の美味しさでした!

何回も試食している芋蛸南京は色が黒くて美味しく見えません、蛸をボイルしてから炊き合わせるように指示、もう諦めたらどうでしょう?

今日は午後からフードコーディネイターこまこ舎さんのスタジオでの週一度の写真撮影です。器と盛り付けを変えるだけでこんなに変わるのか?と思うぐらい美味しそうに見えます。わんまいるでは撮影専用の料理は使っていません。全てお客様に届ける現物を使用して撮影しています、皆さんも器を選び少しでも美味しそうに盛り付けて食べるよう習慣を持ちましょう! こまこ舎山本先生の盛り付けワンポイントアドバイスをサイトでリリースする予定なのでご期待下さい。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

  • 今年の「夏の焼きそば」の具は篠島漁協木下課長お奨めの旬の蛸で決定! はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る