今回で3回目の試食、少しの違いでここまで美味しくなるんですね!・・・・

2017年3月24日(金)今日の試食は、どの商品もちょっとの違いで凄く美味しいモノばかりでした。

例えば、東京杉並区の老舗飲茶専門製造メーカーの隆峯さんの「東京にんにく餃子」新しい機械を導入され使用する肉の部位を変えただけで食感が美味しくなくなりました、その後2回試食してみましたがダメ!部位を元に戻し(企業秘密ですが脛やバラ枝肉を加え)野菜のカットを少し粗くすると、食感が変わり凄く美味しくなりました。本当に少しの事で大違いとはこの事です。

大阪中央卸売市場鮮魚仲買卸大手の特水さんの山口県瀬戸内産の活鱧の湯引きが届きました。見た目は漂白剤を使ってないので鱧原体の色で少し見栄えが悪いです、箸でつまみ添付している酢味噌に漬けて口に入れモグモグ、鱧特有の磯の香りがしました、市場に入荷した直後に捌き場で骨切をします、手でするのでそれは見事! そして湯引きして急速冷凍パックされ出荷されます。冷凍鱧を使い機械で骨切して湯引きの際に漂白剤を使ったものも多く出回っていますが型が大きく白く見栄えが良く、骨が感じられ、殆ど磯の香りはしません。特水さんお奨めの酢味噌と梅肉も凄く美味しく、こんなに美味しい梅肉は久しぶりです。折角なので夏が旬の蛸を軽めにボイルしてこの梅肉を添付して販売しようとお願いしました。

来週訪問する予定の北海道すっぷ市の山下水産さんから、それは見事な生炊きしらすの佃煮が届きました。5年ほど前に泉佐野市で水揚げされた生しらすの佃煮を食べてい以来で、生から炊き上げている業者も少なく量も少ない事から中々お目にかかりませんでした。凄く柔らかくて美味しいです。熱いご飯に乗せても、酒の肴にも、冷えたご飯に乗せてお茶漬けとしてもお奨め!ごはんに混ぜておにぎりにもおすすめ!です。高野豆腐と千切りした人参を油揚げ巻いてそれを北海道産の昆布で巻いた高野豆腐巻き地元のおかずです。だしも美味しく、柔らかく、とても美味しいです。紅鮭の昆布巻を真似た昆布で紅鮭を挟んだ重ねですが、昆布巻が有るのに挟む必要はないと思いました。伝統の昆布巻の方がはるかに食感も良くて美味しく感じました。ダルス佃煮と言われる北方の海しか育たない「海のパセリ」と呼ばれるビタミン・ミネラル・タンパク質を多く含む海藻を弱火で醤油と砂糖でとろとろになるまで長時間煮込んだ「ごきはんですよ!」に食感がそっくりの佃煮です。これも珍味でとても美味しいです。これにちりめんや椎茸や細竹やホタテなど具を入れて炊き込めばバラエティーが広がりご飯の友として更に人気が上がると思いました。あるようでない海苔のとろとろ佃煮の冷凍パック、是非開発をお願いしたいと思いました。

探せばあるものです、美味しい少し小さめのサイズの昔の崎陽軒のシューマイが食べたいと思い探し続け約2年間、ようやく口に合う商品を神戸で見つけました。「ポーク焼売」15gです。これからビールのつまみにお弁当のおかずに是非どうぞ!

そしてそして、これもようやく試験を重ねて重ねて貰ってようやく出来ました!だし巻玉子です、見た目も美味しそうでふぁふぁ感がたまりません!コレ冷凍?と・・・岡山市内の卵焼き専門店武田製玉部様の200g手焼きのだし巻卵焼き、これまで食べた中で一番美味しかったです。このサイズだと解凍するのに湯煎で20分かかるので半分のサイズにして出来たらレンジで5分に収まるようにして欲しいです。レンジ解凍が駄目なら湯煎又は自然解凍でそのまま又はレンジで1分程度温めてお召し上がりくださいと記載を表記した方が良いと思いました。それにしても少しの工夫で大きな違いとはこのことだと思いました。

  • 今回で3回目の試食、少しの違いでここまで美味しくなるんですね!・・・・ はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る