2017年2月(242号) 心のありようが大切

【これまでの軌跡で感じたこと】
年が明けて今年で独立開業29年目を迎えます。大阪市西淀川区中島の工業団地内に建てられた9坪の住宅一階部分の3坪のガレージを店舗兼事務所として、得意先の稲田工務店からのお祝いとして改装していただきスタートしましたが、3回目の移転で大阪の一等地「梅田」に本社を構えることが出来ました。…自慢話として捉えていただかずに、どうすればたった3坪のガレージから大阪の一等地に会社を構えられるのか?と捉えていただき、全ては「心のありよう」で、こう成りたい!このようにしたい!という強い気持ちを持つことが重要だという事をお伝えしたいのです。僕はよく周りの人から、そんな上手くいきますか?とかそんなの無理です!とか言われて来ました。また初めて出会った人に、これまでこんな事を行って来たとか、こんな人と知り合いだと言うと大抵の人は嘘やホラと思われる方が多いようですが、新年会や絆会などに参加されて初めて本当だったのか!と納得される方も多いのも事実です。そしてなぜ、どのようにして知り合ったのですか?またどのうようにしてここまで商売をされてきたのですか?と質問されることも多いです。全ては心の持ち方、ありようだと説明しています。僕の好きな著書にナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」があります。人がこのようになりたいと真剣に思うことは実現できるという内容の本です。この事を詳しく説いた内容の本としてお奨めなのが「マスターの教え」や「中村天風の成功の実現」「スティーブシーボルトの一流の人に学ぶ自分の磨き方」などです。少年よ、大志を抱け!という名言にもあるように、全ては心に明確な目標を持つことが重要と説かれています。但し一度に多く願望を抱くと何一つ達成されないとも説かれています。二兎追うものは一兎も得ずと言うことわざもあるぐらいです。

【何事もあきらめないこと、そして心の持ちようが大切】
ドラッカーは二つまでならOKだと名言されていますが、僕も一つかせいぜい二つまでと思っています。更に諦めないことが最も重要で、石の上にも3年ということわざもあるくらいです。一人前になるのは10年かかるとよく言われます。更にその道の達人になるには30年、人間国宝には50年かかると言う説もあります。途中で諦めたり、目標を変えたりすると何一つ達成出来ません。要は途中で諦めない事です。いったん心に決めたのですから、絶対に最後までやり抜く事が重要だという事です。途中何度も失敗して挫折を味わうことも多くありますが、失敗は成功のもとと言われるように、商売の世界では継続して商いを行っているうちに法律や時代の変化により、消費者が好むモノや世の中が必要とするモノが変化して、それに対応する為には当初の事業とは全く異なる商売をする場合も出てきます。しかし、売るものが変わっても企業の理念は変わっていません。一流の人と二流の人と比べて説明している上記の書物でも、考え方、目標、習慣、つまり心のありよう次第で大きな差がつくと、多くの事例で説明されています。時代が大きく進化しようが全ては「心のありよう」が肝心です!これまた商売繁盛の法則也!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5