堀田のうまいもん日記 vol.10

昨日は、友人の宮崎地鶏焼き鳥専門店「車」を全国へ広げた立役者の菅野専務が昨年末で「車」を退職され、創業85年、この度マスコミを賑わせている萬野畜産さんとは遠い親戚筋にあたる同じ肉の元卸、萬野総本店が天王寺界隈で本格炭火焼き肉店を多店舗展開されている㈱萬野屋さんへ専務として誘われ転職されました。

無事、新店もオープンされて少し落ち着いたと聞いたので、お祝いとわんまいるで使用する肉の仕入の協力をお願いしに親友の店舗デザイナーの横井先生とメルシャン大谷執行役員大阪支社長と弊商品本部山脇と僕の4人で天王寺駅裏道路はさんで目の前にある「焼き肉萬野ホルモン舗」天王寺に行って来ました。

店中に入るとすべてカウンター越しになっていて、目の前に焼かれた炭が入った焼き台が設置、ビックリしたのが好みの部位を一切れ120円からオーダー出来るのです。
僕がこれまでに行った焼き肉店の中で最も部位の種類が多い店でした。ホルモン~上質の部位まで、数えませんでしたが、かなりありそうです。

image

image

image

本日は萬野社長お任せのメニューでしたが、かいのみ(バラの上の部分)を生刺身で食べたのは初めてで美味しかったです。

そして色々ご馳走になりましたが、何より本日のピカイチは牛の顔のあごからホホにかけての「ホホ肉」でした。ともかく色んな種類のブイが楽しめるのが特長、肉のお好きな方にはお奨めです。

image

image

  • 堀田のうまいもん日記 vol.10 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る