堀田の試食歳時記 vol.58

昨日の試食は、いよいよ今月29日よりお届け開始となります旬の手作り健幸ディナーの少し気になっている副菜の最終試食をしました。
わんまいるの健幸惣菜は
①真空圧によって調味だしが染込みやすく、その分 塩分・糖類ほか調味液の使用を抑えられます。
②冷凍保存なので合成保存料を使わなく済む
③冷凍なので味付けを濃くしなくても長期保存可能
④作りたてを急速冷却で粗熱を取り、急速冷凍しているので解凍するだけで作りたての食味を楽しめます。

筑前煮も随分薄味になって食材の味が楽しめるようになりました。こんにゃくの解凍戻りの食感がイマイチなので、鶏ムネ肉に変更することにしました。

image

 茹で加減、マネネーズを増やして改良したマカロニサラダ・・・・家で作るより食感は劣りますが、これでOK!を出します。

image

 野菜春巻きですが、モチモチとした食感で美味しくなりました。ネーミングにモチモチ春巻きと記載しないと皮がパリッとしていないとクレームになります。

image

 五目ひじき煮も筑前煮同様随分味が薄くなり美味しくなりました。

image

 国産鶏のささみとくらげの酢の物ですが、鶏肉の臭みを取る為に細かく刻みサッと湯通し、胡麻酢で和えました。驚くほど食感も柔らかくて胡麻油とお酢が程よく香り、くらげのコリコリ感が引き立ち見違える程、美味しくなりました。これなら前菜としてお酒の肴に十分楽しめます。

image

 ジャガイモ、人参、ブロッコリーの蒸し野菜です。蒸し上がって熱いうちに少量の塩を振り、真空圧を弱めることで形を悪くさせないとの指導での改善。人参とブロッコリーがどうしても真空に圧され形が悪い。大変申し訳ありませんが食感を優先する為、蒸し加減を調整するとどうしても真空圧によって形が悪くなりますがこれでOKを出します。

image

さぁ、来週から受注活動です!!

今、聞いていると、既存のお客様も順調に注文をしてくれているようで、ホッとしています。

今後は、使用する食材を産地と交渉をして行き、産地と提携したと旬の食材をタイムリーにお届けしたいと必死に交渉して行っています。
簡単に解凍できて、美味しく、健康的な料理を称してわんまいる『健幸惣菜』と名付け、夕ご飯として『健幸ディナー』・お昼に『健幸ランチ』・朝には『健幸朝食セット』と開発して行く計画です。
今後ともよろしくお願いします。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

  • 堀田の試食歳時記 vol.58 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る