堀田の試食歳時記 vol.61

昨日の試食は、26年度産全農パールライスさんの魚沼こしひかりを試食しました。炊き上がりを見た感じ、光沢があってさすが魚沼産こしひかりだ!と思いました。

image

正常粒が何と97.2%、粉状0.4%と殆ど糠(ぬか)は入っていません。被害米0.1%とさすが全農パールライスさん、ムチャクチャ期待して食べましたが、見た目と異なり、粘りが弱く当然味がありません。削り過ぎているわけでもありませんのでお米自体に美味しさがないというか?単に見た目の良いお米で柔らかくて食べやすいという感じでした。

もはや、単に産地指定や農家契約していないお米の食味は落ちていくのでしょうね!
むしろ、5k1980円の近藤先生が監修した『匠の厳選』の食味の方がはるかに粘り・味もあって美味しかったです。今年のブレンドは福井県の華越前(今年は全国的に華越前が美味しい)と三重県産の秋田小町を50%ずつです。三重県秋田小町を持ってくるとは憎い配合、さすが近藤先生です。
この価格でこの品質は絶対にお買い得です。

image

テーブルの上に出されたのは久しぶりに見る美味しそうなハンバーグとロールキャベツです。どこのかなぁ?と尋ねると銀座ローマイヤーさんのだと一口食べましたが、少し酸味のあるデミグラスソースが美味しい、お値段も180gで540円はお店よりお買い得!ロールキャベツも2つ入って180gで540円はお買い得と思いました。

これからの季節、ワインと一緒にいかがでしょうか!

image

続いて銀座ローマイヤーさんのビーフシチュー180g540円もお肉も柔らかくて美味しいです。

image

次にカレーが出て来て、この具材のボリュームにビックリ、早速いただくと、ムチャ美味しい!やはりレトルトでなく作りたてを急速冷凍しているから味が全く異なります。
久しぶり美味しいカレーを食べました!!しかも540円は超お値打ち!

京都のしば漬け、茄子しば漬けをいただきお願いしていた白菜の浅漬けを冷凍して流水解凍したのを試しましたが、浅漬けの素と一緒に冷凍しているので流水解凍しても殆ど繊維が壊れていなく違和感なく美味しく食べられました。
早速、神戸東部市場内にある中華料理『吉芳』の行光社長にお願いして本格樽漬けの白菜浅漬けを急速冷凍してもらうことにしました。
食べたい時に食べられるのはいいですね!

image

最後に昨日、奈良の郡山から江戸末期からの創業でこだわりの生産者のお米ばかりを全国の百貨店に卸されている株式会社イリグチの入口社長にご商談に来ていただきお土産がてらいただいた徳川将軍家にも献上していた徳川将軍家茶道指南役 片桐石州候の茶懐石麺、吉野の葛と小麦の芯を使ったこだわりの麺を再現した油を使っていない素麺です。

image

150段の層を重ねることによりコシを出しているとのこと。140g×2食入りめんつゆ付きで1400円と秋田県の稲庭うどんに匹敵する価格です。

茹で上がった麺を見た瞬間に美味しそう!!つけ麺でいただくと、説明どおりの弾力に嫌味がない喉越し、なんぼでも食べられます。今日は薬味なしでいただきましたが、ネギにしょうがと一緒にいただくと最高ではないでしょうか?
コレにおいしい天ぷらでもあって冷たい淡麗辛口の吟醸酒があれば、初秋の夜長には最高だと思いました。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

  • 堀田の試食歳時記 vol.61 はコメントを受け付けていません。

関連記事

コメントは利用できません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る