社長の献立紹介

  1. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (10/23~10/29お届け分)

    僕は幼いころ両親が離婚して母方の祖父祖母に引き取られ、叔父叔母から可愛がられ大人の中で育ったことから周囲の人を楽しませる事が好きで、学生時代は生徒会長を歴任し、芸人になろうと当時、岡崎由紀さんや大竹しのぶさんが所属していた東京新社に入り、高卒の際に東京へ上京しようとするとお祖母ちゃんに猛反対され、飲...

    続きを読む
  2. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (10/16~10/22お届け分)

    1988年、昭和63年に創業して以来、売る商品や売り方は時代に合わせて変えて来ましたが、ずっと変えずに続けて来たのは手前みそではありますが「品質と美味しさの追求」です。

    続きを読む
  3. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (10/9~10/15お届け分)

    1988年、昭和63年9月1日お酒お米の宅配専門店を大阪市西淀川区で開業、当時は醸造用アルコール等をブレンドした格安のお酒が主に販売されていたので、僕は独立したら新潟や東北の酒所を回り地元で長年飲み継がれている酒蔵の酒をお客様に提供したいと思い、新潟の酒類問屋さんを紹介戴き、新潟の地酒を販売。

    続きを読む
  4. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (10/2~10/8お届け分)

    23歳で結婚を期に働いていた酒販店が経営する居酒屋の店長に抜擢されて以来今日37年間、販売する商品や売り方は色々と変えてきましたが、一つだけ変えずに続けて来た事は「品質と美味しさの追求」です。

    続きを読む
  5. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (9/25~10/1お届け分)

    手前ごとではありますが、9月1日で独立創業33年を迎える事が出来ました。ひとえにご利用戴いているお客様と食材を提供戴いている生産者、商品を作ってくれている協力会社様のお蔭と深く感謝し御礼申し上げます。

    続きを読む
  6. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (9/18~9/24お届け分)

    今から42年前酒屋で丁稚奉公していた頃、当時どこの酒屋も品揃えは同じで値段も同じの定価販売。そんな時に三重県松阪市で味付け海苔を開発された朝日海苔さんが飛び込みで売って欲しいと営業に来られ、お客様に持ち回りをしました。

    続きを読む
  7. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (9/11~9/17お届け分)

    僕は子供の頃から周囲の人を笑わせたり喜ばせたりする事が大好きで、特にお祖母ちゃんに買って帰ると美味しいと喜ぶ笑顔が忘れられません。23歳で居酒屋の店長に抜擢された事で学んだ”美味しい料理は食材に有り”と今日まで37年間卸売市場にも顔を出し全国各地の水産事業や漁港、農産物などの生産者を回って来ました。

    続きを読む
  8. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (9/4~9/10お届け分)

    平成17年に島根県庁ブランド推進課が発足、県産品の開発と販売支援にて連携協定を結び、益田市・邑南町・浜田市・大田市・隠岐の島・松江市・出雲市など各地を訪問して地元の食材を使った県産品ご当地グルメを開発、そして島根和牛を使った「肉じゃが」を売り出すと多くのお客様からこんな「お惣菜」を待っていたのよと言...

    続きを読む
  9. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (8/28~9/3お届け分)

    僕は23歳で大阪市港区弁天町駅前の勤めている酒屋が経営する居酒屋の店長に抜擢されて以来37年間に渡り、食材選びと作りにこだわり商品開発に携わってきました。稲作ではお米の品種改良・土壌改良・栽培方法や稲刈りのタイミングや、玄米保管に精米まで徹底してしまいます。

    続きを読む
  10. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (8/21~8/27お届け分)

    僕は幼い頃、両親が離婚して母の実家で祖母と祖父に育てられ、母は8人兄弟の下から二番目で僕が初孫、叔父叔母も近くに住んでいて堀田家はお酒は誰も飲めなく、食べるのが好きなグルメ派。僕が生れた昭和30年代は東京オリンピックが開催、40年代は大阪万博も開催され戦後の復興高度成長真っ只中。

    続きを読む




twitter

facebook

Instagram

最新の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5