社長の献立紹介

  1. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (7/17~7/23お届け分)

    2009年お客様から買い置き出来るように冷凍にして欲しいとの要望にお応えして、真空調理の第一人者元帝国ホテルの石川シェフを顧問に迎え、「個包装真空冷凍調理」をヒントに商品開発すること。真空圧力により味が染込む為、通常より半分以下の調味料ながらしっかりとした味になり、糖分や塩分が抑えられます。

    続きを読む
  2. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (7/10~7/16お届け分)

    僕は美味しい「食」を楽しむのが趣味なので、魚釣りを仕事柄全国各地で楽しみました。自分が食べる魚はすぐに〆て血抜きをし、自分で捌いて料理するか、漁港近くに知り合い料理屋があれば持ち込んで楽しみます。

    続きを読む
  3. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (7/3~7/9お届け分)

    平成17年当時、高齢者比率、人口減少率、知名度の低さワーストだった島根県にブランド推進課が発足し業務提携していた伊藤忠商事さんから紹介され県産品の開発と販売支援を頼まれ、連携協定を結び温暖化に対応したお米「キヌムスメ」の開発販売支援、隠岐の白いか焼売、泳ぎ牛弁当など多くのご当地グルメを開発、そして島...

    続きを読む
  4. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (6/26~7/2お届け分)

    「三つ子の魂百まで」と諺にあるように、僕の子供の頃、昭和40年代の大阪は全国一位と言われる程商店街が多く、食べ物屋・肉屋・魚屋・惣菜屋など食品専門店が軒を連ね、「天下の台所」、「食道楽」、「食い倒れの町」と言われていました。

    続きを読む
  5. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (6/19~6/25お届け分)

    昭和63年9月1日に独立、創業して今年で33年目を迎えました。

    続きを読む
  6. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (6/12~6/18お届け分)

    僕の食に関しては、育ててくれた祖母の影響が大きく、魚は血合いと骨と皮を、肉は脂身を、鶏肉は皮を取り除き食べさせてくれたものですから、未だに食べ易くて脂身や骨が少なく臭みの無い魚や肉でなければ口に出来ません。だから魚は、鮮度が良い魚を求めて漁港近くの水産会社で加工してもらっています。

    続きを読む
  7. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (6/5~6/11お届け分)

    昨年はコロナウィルス感染拡大の影響で外食が敬遠された事もあり、冷凍食品の業務用売上が減少し、一般家庭向けが伸びて売上が逆転したと日本冷凍食品協会が発表致しました。冷凍食品の製造は大きく三つに分類されています。

    続きを読む
  8. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (5/29~6/4お届け分)

    新型コロナ感染が心配な中、皆さん如何お過ごしでしょうか。観光・ホテル・飲食業界が悲惨な状況で、納入業者、更には生産者にまで影響が出ています。

    続きを読む
  9. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (5/22~5/28お届け分)

    弊社は、創業以来、全国各地の地酒やご当地米・ご当地グルメを取り扱っていたので、魚は水産加工会社、野菜は専門加工会社などそれぞれ得意とする食品製造会社に依頼して作ってもらい、弊社神戸冷凍センターでセット組みしてお届けしています。

    続きを読む
  10. わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (5/15~5/21お届け分)

    最近ようやく炭水化物を減らし、タンパク質と食物繊維をしっかり摂る事がヘルスケア『予防』に大切だと言われ出しました。弊社では、健幸ディナー発売当初から主菜は魚肉類を使用してタンパク質を主体に、副菜は80g×2品と野菜を主体に使用して食物繊維豊富に食べ合わせ良くメニューを組合せています。

    続きを読む




twitter

facebook

最新の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5