【press】蟹解禁!少々訳あり(足折れ等)、されど特選! プロが目利きした水揚げ日本一を誇る境港から「浜茹で紅ずわいがに」を 産地直送にて、わんまいるから販売。

わんまいるでは、島根県境港で出会った蟹専門加工会社前田水産さんと提携し、少々訳あり(足折れ等)の蟹の中でも、身が詰まって甘い蟹を4代目前田社長に厳選していただき、その場で浜茹でにした「紅ずわがに」の詰め合わせを、産地直送にてわんまいるから販売する旨をリリースしました。

——プレスリリース本文——

蟹解禁!少々訳あり(足折れ等)、されど特選! プロが目利きした水揚げ日本一を誇る境港から「浜茹で紅ずわいがに」を 産地直送にて、わんまいるから販売。

国産100%にこだわった安心・安全食材を用いた冷凍惣菜・おかずセットを自社サイトや通販モール及び、東急百貨店カタログ通販「ハロートーク」やオンラインショップ、三越オンラインストア内の「三越わんまいる便」で販売を行う「わんまいる」(株式会社ファミリーネットワークシステムズ 本社:大阪市北区 代表取締役社長:堀田茂 、以下 わんまいる)は、有限会社前田水産(本社:鳥取県米子市 代表 前田哲弥)と提携して、水揚げされた紅ずわい蟹の中の、少々訳あり(足折れ等)の蟹から良いものを厳選し、すぐに浜茹でし格安で提供する企画として11月5日(月)から開始します。

■ 今回の企画のきっかけ
鳥取県境港のすぐそばにある有限会社前田水産は、地元で4代続く蟹専門加工会社です。
境港で水揚げされた紅ずわい蟹を使用した商品開発(かに焼売、カニオイルなど)をされています。また鳥取県産の餅米と境港で水揚げされた紅ずわい蟹を使用した「紅ずわいかにおこわ」や県産のお土産としていくつかの店舗で商品販売し、PRしています。
また、足折れや傷物の蟹を買い付け、蟹の身だけを取り出し、フレークを製造し大手蟹缶詰メーカーや業務用水産会社へ卸されています。
今回は、そんな前田水産様に弊社代表が訪問した際に、加工前の身がしっかり付いた甘くて美味しい蟹を選別して分けてほしいと相談したところ、前田社長も前々から缶詰に回すのは勿体ない蟹がたくさんいることを危惧されていたこともあり、特別に前田社長自身が「新鮮で身のつまった甘い蟹」を厳選し、わんまいるだけでの産直販売に至りました。

■ 境港の紅ずわいがに
日本有数の水揚げ高を誇る境港で揚げられた「紅ずわい蟹」は豊かな日本海の深海で育ち、上品で瑞々しい甘みと引き締まった繊細な食感の身が特徴です。また一般の蟹と違い、生の時点で鮮やかな紅色をしているのも特徴です。
身は、かに棒肉、詰め肉、かにグラタンなどの加工食品の原料へ、また殻はチキン・キトサンの医薬品や健康食品へ利用されています。

■ 浜茹で紅ずわいがにの美味しさの秘密
(1)漁港からわずか3km(車で約5分)の蟹専門加工場だから新鮮なうちに茹で上げが可能。
(2)地元の蟹専門業者4代目の前田社長自ら目利きし、買い付けています。
(3)冷却機械を使わずに昔ながらの冷水シャワーで冷却することで旨みが損なわれません。

■「わんまいる」について
「わんまいる」では、“日本の食材を食べること”を推奨し、旬菜旬消・自給率の向上を経営理念としています。100%国産食材を使用を目指し、簡単に作ることができて美味しい献立、その上健康的な食事の提供ができるよう商品開発に取組んでいます。また、出産・育児、親の介護、働く主婦などで、買い物に行ったり・料理を作る時間の無い方へ、湯せんやレンジアップするだけで食べられる時短に最適な冷凍惣菜・おかずセットを開発しています。

■ お届け商品内容
商品名:境港産 浜茹で紅ずわいがに
内容: 1セット…蟹1杯(約300g)×10杯
価格: 10,000円(税別・送料込)
※北海道・沖縄へは別途送料が必要となります。
販売期間:2018年11月5日(月)~12月10日(月)まで
お届け開始:2018年11月12日(月)より随時発送予定
お届け方法:ご家庭直送

※詳細・ご購入につきましては下記「わんまいるのショッピングサイト」よりご確認ください。
http://www.onemile.jp
「わんまいる」で検索

・わんまいるは、株式会社ファミリーネットワークシステムズの登録商標です。
・その他、本書に記載されている会社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。


【お問い合わせは】 
株式会社ファミリーネットワークシステムズ 
広報担当: 山脇・浅田
TEL:06-6361-5522 FAX:06-6361-5526
メール:kouhou@e-fns.co.jp
取材等のお申し込みはこちらのフォームから»

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る