徳島県阿南市は人口6万人に上場企業が4社あり、日本一裕福な自治体と知りました。

2018年1月12日(金)朝6時45分に山脇取締役が自宅まで向かえに来てくれて阪神高速の魚崎インター付近で吉川課長をひろい、徳島県阿南市で割烹料理屋「吟月」を経営され市内で大手百貨店のギフトやおせち料理やグルメ宅配便などを卸している株式会社ヒロ・コーポレーションさんへ訪問いたしました。

今回、東急百貨店カタログ通販の冷凍食品を請け負う事になり、帳合変更で出会いました、偶然にも展示会でも弊社ご当地グルメ&専門店を担当している甘利係長がブースへ立ち寄り、同じ甘利という苗字は徳島県阿南市の橘地域だろうと言う事からわんまいるにご興味を持っていただいタイミングで東急百貨店経由での紹介もあり、昨年末にわざわざ大阪まで来社され、おせちのサンプルまで送って頂きその味にびっくりして是非お取引をお願いしたいと思い、現場の見学も含めご挨拶へお伺いしました。早速母の日おせちや月次の高級仕出し弁当健幸ご膳のメニューや箱等を打合せ、厨房も見学させて頂くと、職人さんが小芋を手で剥いているではありませんか!?惣菜会社では剥いた冷凍原料を使用されている所がほとんどで、仕出し料理屋さんで包丁で剥かれているのは見た事がありますが、手で剥いているのは割烹料理屋さんか懐石料理屋さんぐらいです。すごいこだわりです。小芋は本来稲作より早く国民の主食とされてきた地域も多く、神様にも祀られ、色んな節句食・行事食に使われています。そんな
事から本来は角があると祭ごとに使用されません。そして手で剥く事で小芋本来の食感が楽しめます。湯がいた野菜も冷水で冷ましています。通常はブラストチラーと言う機械で行うのが一般的です。正に高級料理屋そのものの作り方です。作られた料理を食材を傷つけない特に米飯に一番向いていると僕は思っているアルコール冷凍機が2台在りました。さすがとしか言いようがありません。某百貨店では10万円の超プレミアムグルメギフト10品中の4品採用されている実績です。伊勢海老の水揚日本一が徳島県とは知りませんでした。更にしらすのバッチ漁として発祥の地と言う事も知りませんでした。

そこから本店「吟月」さんがある地元阿南市の商工会議所の議員も務められている事から、ご紹介とご挨拶にお伺いし、専務理事、所長、課長が出迎えていただきました。驚いたのは人口6万人の市に何と上場企業が4つもあり、日本で一番裕福な自治体と言われていて、単線1両編成のJR阿南駅は美術館か?と思う設計で、しかもエスカレーターで駅から商工会議所に直決しています。市役所も霞が関の経済産業省より大きなビルで高級ホテル並みです。原発廃止になったので火力発電所がフル稼働、LEDを開発した会社があり世界中からお客様もやってくるそうです。


ランチを地元喫茶店でご馳走になりました。定食の値段がミンチカツで950円とんかつで900円、エビフライやハンバーグは1,000円を超えています。大阪よりはるかに高い!それでもお客様は入っています。LEDの会社では年間休日120日、冬休みが40日、夏休みが30日と聞きました。6万人の人口で6千人が働いているそうで、下請け関連会社を合わすと労働人口の半数が働いているように思います。ただ開発研究していたのは60年も前からで完成され認められるまでには相当のご苦労と紆余屈折があったようです。そして阿南市のグルメは筍と栗だそうで、栗や筍も中国に相当輸出されているそうで、日本産の天津甘栗は中国の富裕層に高い値段で売れるようです。ここでも境港の蟹と同様な事を聞きました。中国はじめ東南アジアの中間層が安心・安全で美味しい日本の食材や食品を消費してくれるようになれば日本は間違いなく潤います。高く買ってくれる人に売るのが商売繁盛の法則です。地元では「筍飯」と言って、中央の筒の部分を湯がいて具入りのすし飯の上にかぶせるように押寿司として食べるそうで、是非弊社でも作って取り扱って見たいと思いました。栗の生産日本一の天津甘栗も食べて見たいものです。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5