新聞、雑誌、テレビとひっぱりだこの「鯖や」さんの本社に訪問させていただきました!・・・・

2018年3月23日(金)今日は午前中に豊中に本社を構える㈱鯖やさんに訪問して来ました。百貨店やショッピングモール、海外にも鯖だけ にこだわった惣菜専門店とSABARと一風変わった鯖メニューのバーを関西や東京に店舗展開されています。会社は双子の右田ご兄弟が社長、副社長として経営されており、新聞雑誌テレビと多くのメディアから注目を浴びています。
弊社の仕入れで協力頂いています大阪中央卸売市場仲買卸会社の㈱三恒三上社長の紹介で鯖やを展開する際に一度弊社に来社いただいており、今回は鯖の仕入れで相談にお伺いしました。1階が鯖料理の製造工場で2階3階が事務所と会議室、4階が資材置き場です、一角にボクシングジムがあり何と右田社長がキックボクシングを教えているそうです。元々松井館長率いる極真空手をやっておられたと言う事で、親友の平野が道場を承継する無想館拳心道も良く知ってくれてました。何と右田ご兄弟の生まれ育ったのは大阪市西淀川区で、実家は堀田酒店の得意先との事でした!わんまいる=堀田酒店が一緒だと案外知らない人が多いです。かつては西淀川区の3割のご家庭でご利用頂いおり、西淀川区での年商で5億2千万を売上げていました。鯖やさんの厨房で弊社の惣菜を作っていただければとの相談もさせていただきました。豊中インターの近くなので弊社の神戸のピッキング出荷するセンターとの行き来も便利です。


ついつい話し込んでしまい、13時にメルシャンの支社長交替でのご挨拶に遅れ、慌てて梅田オフィスに戻りました。丸橋支社長が東京本社 に戻られ佐藤支社長が名古屋から着任になりました。メルシャンさんとは 旧三楽オーシャンの時からのお付き合いです。

ランチを兼ねての試食を食べたのは14時を回ってからです。今日は広島で広島焼き専門で製造されている先日の幕張メッセで出店されていた商品を試食させていただきました。レンジで簡単に解凍出来て、ソースと鰹節、マヨネーズがすべて付いています。豚肉も大きなサイズが2枚も入っていて臭みもなくて食べ易くて美味しいです。これで780円は決して高くないと思いました。お好み焼きの冷凍品は多く出回っていますが広島焼きは少なく珍しいです。お好み焼きに比べ生地が薄くキャベツが多く卵も蕎麦も入っていて作るのが難しいですが上手に作られていました。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5