創業慶応3年、老舗がひしめく大阪天神橋の鰻の「魚伊」さん、鹿児島・宮崎・愛知県と・・・・

2018年3月24日(土)今日は久々に鰻を食べたくなり阪急百貨店惣菜売り場で、創業慶応3年大阪天神橋商店街のはずれ通称「天5」に本店を構える関西焼きの鰻蒲焼「魚伊」さんで品定め。通常値段は愛知県産が高いのに、不思議と鹿児島県産2,916円、宮崎県産2,700円、愛知県産が2,592円です。見た感じ鰻の入荷サイズではないか?と思いました。僕は愛知県か静岡県が身も柔らかくて皮も薄くて臭みも無い事からわんまいるでも長年、愛知県か静岡県産のどちらかにこだわり取り扱っています。活け鰻をガスで焼いて冷凍はしていないようです。不思議とこれまでの実験の結果、炭火で焼くと冷凍しても殆ど味が変わりませんが電気の赤外線やガスで焼くと不思議と冷凍すると全く味も食感も変わります。多分炭火の方がタレの染込み方が良くてその分冷凍しても食感か味がさほど変化しないのではとも思います。消費税込み2,052円の鰻丼を購入してオフィスでいただきました!・・・ごはんにもしっかり蒲焼のたれが混ざった大阪特有のまぶし飯です、子供の頃は鰻が気持ち悪くて食べてないのですがこのタレをまぶしたご飯が好きで鰻のたれだけ余分に買って来て貰いご飯にかけて食べていました。鰻蒲焼は持ち帰りは堅くなって美味しくありません。これならわんまいるの冷凍「鰻丼」のレンジ解凍の方が美味しいです。店で食べたら良かった。


夕ご飯は自宅でおかずセットです。今日はカレーセットで、大きなじゃが芋と人参がゴロリ、玉ねぎと牛肉が少々、久しぶりに食べましたがサルサソースも効いていて美味しいです。副菜のキャベツの柚子醤油和えは少し酸っぱい。ほうれん草とコーンのバター醤油炒めのほうれん草はかなり美味しいです。こだわりの生産者が作ったほうれん草は色が違います。深い緑色をしておりアクが強いのでしっかりと湯がいてあく抜きしているので本当に美味しいです。このセットで737円はお値打ちです。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る