年3回、4ヶ月に一度、友人や恩師と会食を続けてます。加盟一号店のみっちゃんと俺のフレンチへ。。。

2018年4月21日(土)今年も早いもので4ヶ月が経過し、もうゴールデンウイークを迎えようとしています。僕は三半期に一度、古くからの友人や恩師と 会食を楽しむようにしており、今日は昨年末以来、4ヶ月振りに加盟1号店の大阪府豊能町で現在もわんまいる営業所として大山牛乳や居宅介護事業と提携 した生活支援サービス等も取り入れ、地域密着で宅配事業に取り組んでいる、酒塾から25年来の付き合いのみつ弥のご主人(通称みっちゃん)と梅田の俺のフレンチに行きました。まずはビックサイズの俺のサラダ、イベリコ豚の生ハム、本日のお奨めワタリガニの炙りグラタン、オマール海老のソテー、名物フィレ肉とフォアグラのソテーに今日は今人気のブルートリュフが入荷しているとの事でスライスして乗せていただきました。正直フォアグラの風味とコクを楽しむならトリュフはのせない方が良いと思いました。今が旬のワタリガニの身も沢山入って濃厚なベシャメルソースとチーズを上手く焦がした逸品です。これが680円とホテルのフレンチと比べると3分の1の値段で食べられるのが人気で、しかもこの梅田店は座って食事が出来ると言う事もあって連日満席で土曜日曜ともなると大行列です。専門のシェフが良い食材を使い本格フレンチやイタリアンをリーズナブルな価格で提供する為にお店にお金を掛けず立ち食い形式で行った所、爆発的にヒットし、全国の政令都市へ広がりました。この店のヒントは、東京新橋にある築地の水産会社がセリ落ちした魚介類を捨てるのは勿体ないと、元有名店の料理人を採用して割烹料理を立ち食いスタイルで提供している老舗の繁盛店をモデルにされたと、ブックオフを創業された俺のイタリアン創業者の坂本社長から聞きました。ペッパーランチが展開する立ち食い形式の「いきなりステーキ」も坂本社長の発案と聞いています。


全国色々と観察していると多店舗展開していない昔から流行っている老舗が沢山ある。そこに目を付けて多店舗展開するだけのニーズがあるかを見極めるて行えば事業として成立すると仰っていました。それにしても みっちゃんも偉い白髪になってびっくりしました。俺も歳とったなぁ。写真を みてとつくづく感じました。次回は4ヶ月後のお盆明けに逢おう!

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る