中国の宅食事情について、伊藤忠商事様と神明グループのまるかん様に情報と意見をお伺いしました

2018年10月26日(金)昨夜は、伊藤忠商事物流カンパニーの中国始めベトナムやインドネシア等アジアに詳しい間下様と神明グループの日本と中国で惣菜製造工場を持ち元気寿司などグループ会社の飲食店等に冷凍食材を卸している神戸まるかん鈴木社長様と梅田お初天神の萬野さんで会食。中国の宅食事情について情報と意見をお伺いしました。特に香港上海は勿論の事、北京や大連など目まぐるしい勢いで経済が成長しておりそれに伴い賃金も上昇、夫婦共働きが当たり前となり家庭で料理を作らない世帯が多く出前が凄く流行っているとの事、更に健康や食品の安心安全に関心も高く日本の10倍以上の消費があるのでわんまいるのような真空パックされた冷凍惣菜も売り方次第では大きなビジネスになる可能性は高く、働く主婦のみならず中国は公的介護制度がないので、有料の介護サービスや生活支援サービスを受けている富裕層方も多く、和食に興味があるシニアの方も大勢存在しているのでは?と…そして沿岸の都市には日系企業も多く、日系人だけでも相当な数の人が住んでおりニーズは高いと思います。中国のみならず親日の台湾やベトナム等、日系の惣菜製造会社でわんまいるの品質管理基準とノウハウとブランド力を上手く見せれば勝算はある。課題はどこと組むかが非常に重要で、そしてどのように売るか?も重要とお伺いしました。来月東京へ行くので中国EC通販2強の一つ「京東集団」日本法人様の紹介を頼みました。中国のEC通販に詳しい企業に直接会って聞くのが早いと思いました。それにしても中々手に入らない国産黒毛和牛の牛タンを贅沢に 厚切りにして提供いただき、鮮度がよいのでコリコリとした食感で無茶苦茶美味しかったです。牛タンに続き人気のハラミも添えて、それに希少部位のブリスケにチマキ、ロースにローストビーフ、〆の肉握りは格別。萬野社長 ・菅野専務いつもありがとう!

今日のランチは、弊社社外取締役でリライズコンサルティング株式会社の中山社長と一緒に、厳しい回転寿司業界にも関わらず一人勝ちしている大起水産さんが営む高級回転寿司をテイクアウトしました。繁盛の秘訣を寿司ネタを納品している弊社も仕入れでお世話になっている大阪市中央卸売市場鮮魚仲買大手、利州株式会社の上田副社長に尋ねると「魚の目利き」だと聞きました。優秀なバイヤーと産地との結びつきと仲買い水産会社と関係を大切にされているとの事です。商売繁盛のポイントは「仕入れは命」。そらそうですね!・・・・


それと報告です。来年のバレンタインで売り出す島根県出雲大社門前に本店を構え、市内に6店舗の和菓子スイーツ専門店を出店されている「坂根屋」さんにお願いして、同じ出雲市内で茶葉の栽培から直営店まで手がている老舗お茶屋さん桃翠園さんの抹茶と苺にみかんを練り込んだ3種の「勾玉」をあしらい化粧箱に入ったチョコレートが届きました。縁結びの神様で知られる出雲大社祈願済みの「勾玉」3種のショコラが完成しました。

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る