4時30分に起床、大阪市中央卸売市場に入荷状況の確認と仕入れに行きました!

2018年11月16日(金)今日は4時30分に起きて、商品企画部の責任者吉川課長が迎えに来てくれ大阪市中央卸売市場へ魚の入荷状況の確認と仕入れに行きました。今朝は、この秋初めて10度を下回り随分寒くなって来ました。パッチを履くか?と思いましたがやめておきました。・・松葉がにやセコガニが入荷し始めており、冬が到来したなぁ…と感じましたが、天然の鰤の入荷が少なく、まだ鰹やさごし(鰆の子供)が入荷しており、時季外れのしらすも大漁に入荷しています。。。まだ海温が高いのでしょう・・・鮮魚仲買大手の利州株式会社の上田副社長が「先日、堀田社長の紹介で米子と境港の商工会議所と鳥取県大阪事務所の皆様を連れて先月難波スカイオにオープンした直営店のフードコート「いただきます」に食べに来てくれたので、堀田社長から紹介を受けた「米子魚市場」から入荷した「松葉かに」を週末に超特価で限定販売する」と「松葉がに」を見せてくれました。・・・・まだ少し小ぶりですが美味しそうです!その足で塩干仲買卸大手の株式会社三恒さんに訪問すると、大量に「せこがに」が積まれていました!数の子や棒鱈も入荷、いよいよ稼ぎ時といった様子で皆さん忙しそうで相手にしてくれません。。。三上社長もニコニコ顔で笑いが止まらない様子でした。

邪魔をしたらダメなので早々に切り上げ、いつもの喫茶店で超お得なモーニング(ホットドック2本に野菜サラダとゆで卵付き)500円を食べて梅田のオフィスに出社しました。


今日は役員会議の日で、ランチに秋土用丑で販売した鰻養殖発祥の地「浜名湖産鰻の静岡焼きの鰻丼」を皆に試食いただきました。美味しい試食の時は皆さん笑顔です!・・・・浜名湖を境に東では、鰻は背開きにして蒸して焼き上げる関東風、これは武家が多いので腹開きは縁起が悪いと敬遠され、蒸す事によって焼き加減が簡素化されます。反対に商売人が多い関西では腹を割って商談するという事から腹開きを好み、備長炭で時間をかけてじっくりと焼きます。鰻の頭などと一緒に煮込んだ甘めの濃いタレでご飯も塗しして食べる事から「ひつ塗し」、大阪では「まむし」と呼ばれるようになったと本当かどうかは解りませんが子供の頃に聞いた覚えがあります。・・・今日は11月生まれの社員の誕生会に北新地へ・・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る