大阪万博開催決定! 全国各地の食材を食の街大阪で作る冷凍のお惣菜を世界に向けて!

2018年11月26日(月)今日の試食は、しらす水揚げ日本一を誇る愛知県知多半島の篠島漁港のしらす干しを使って、大阪市西成区で創業90余年の株式会社矢田健商店さんにコロッケを作っていただきました。昨日大阪万博開催が決まった事もあり、大阪産(おおさかもん)の手作り惣菜はこれから注目が増すと思います。乱獲の影響を受け11月禁漁を実施した静岡県駿河湾産の桜海老です。とりあえず昨年の冷凍品を使い炒飯を作ってもらい試食してみました。桜海老から塩分が出るので通常のレシピより塩を30%減らすようにお願いしました。
また、国産の筍入りのコロッケを作ってもらいましたが、筍から水分が出て唐っと揚っていません。無理だと判断して筍は中止、その代わり桜海老でコロッケを作ってもらうようにお願いしました。
トースターで出来る国産筍とアスパラのピザ美味しかったです。

同じく筍入りの春キャベツの焼きそばも試食しましたが、同じように水分が出てソースが薄く感じましたのでソースを増やすか、先日試食した国産のあさりと春キャベツのチャンプルーが身がプリプリして美味しかったので使用出来ないか、相談するようにお願いしました。


3回目の試食となりました島根県邑南町で自然放牧を行うシックスプロジュースさんが作る、脂肪分ゼロにも関わらず濃厚なミルクジャムを6種類のフルーツをトッピングして炙ったピザと5種類の野菜とゴーダ&モッツァレラチーズをトッピングしたピザを試食、炙る事でミルクジャムが一段と美味しくなりました。かなり美味しいので母の日のプゼントとしてセット販売をすることにしました。さすが今年の農林水産省主催のフードアクションニッポンでアマゾンジャパンの社長が推薦して優秀賞に輝くだけあります。まさにA級グルメの町島根県邑南町だけあると思いました。

邑南町ではチョーザメを養殖してキャビアも生産しています。
そこで石見ポークのキャビア&ミルクジャムインハンバーグを作ってみては?と思いました。・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る