天下の台所大阪発のわんまいる健幸ディナーお試しセットを抜き打ちで試食してみました!

2018年11月30日(金)本日は、弊社取締役のリライズコンサルティング株式会社の中山先生と会計顧問のエアーズ研究所取締役公認会計士小西先生に来社頂き 、部門長との進捗に関してのミーティングを行いました。昼食前に旬の手作りおかずセット「健幸ディナー」お試セットを神戸深江浜のセンターから現物を抜き打ちで取り寄せ試食をしました。5食セットを試食室のテーブルに並べてみると、ほうれん草とキャベツのコールスローの彩りがイマイチさえません。酢の物は、子供が食べるのでおかずに向かなく、控えて欲しいとの声も上がって来ており、なるほどと思い、4月のメニューから外しました。鮭の塩焼きに高野豆腐の含め煮と小松菜と玉ねぎのお浸しのセットは全体のボリューム感が見劣りします。質素に感じました。食味に関して鯖の煮付けの煮汁が鯖から出た脂でとろみが発生し、知らない方は違和感を持たれるおそれがあると感じました。それ以外の主菜は美味しかったです。ほうれん草のお浸しもコーンとの炒め物も味は美味しいのですが、食感が柔らかすぎると感じました。それと毎週定期購入のお客様には鮭の石狩鍋や紀州うめどりのシチューなど旬の食材を使った季節メニューは入っているのですが、お試セットは在庫の関係で採用しきれておらず、残念に思いました。自分なら夏場は冷たい料理、冬場は暖かい料理を食べるのに肝心のお試セットに季節に合わせたメニューが採用されてないとは情けなく感じました。少しでも早く暖かいメニューを組み入れるように商品企画部の責任者吉川課長に指示しました。

ランチは中山先生と広島で有名なミツワソースの製造会社サンフーズさんが作った、レンジで簡単に食べられる広島焼きをいただきました。細麺の焼きそばと千切りしたキャベツが美味しいです。大阪のお好み焼きと違い、小麦粉が少ないから嬉しい。


夜はカタログとネット通販のLP制作でお世話になっているふじや印刷の藤川社長、担当営業の山田主任、ディレクターの坂井さん、コーティング担当の布施さんを招いて一番美味しいと思うたこ焼きの店グレオ(四天王寺門前)に長年お世話になっているザ・ぼんちおさむ師匠ご夫妻と一緒に食べに行きました。おさむ師匠は名古屋で仕事で少し遅れて来店、お店の前で師匠の奥さんとツーショット。醤油味、ポン酢味、バジル塩 味、ソースマヨ、周りはさくさく中はとろり、皆さんパクパクと、あっという間に80個のたこ焼きがなくなり追加注文!もちろんその他メニューも豊富でマカロニサラダやコールスローにナムルにキムチに生ハムサラダ、鉄板で表面をこんがりと焼いたカマンベルチーズをラスクに塗って食べる炙りカマンベールラスク添えは絶品です。生のグレープフルーツを手で絞った生果実のチューハイは酒の弱い僕に丁度良いです。漫才ブームを体験した藤川社長は目の前でおさむ師匠とお酒を酌み交わせて夢のよう!・・と上機嫌、67歳とまだまだお元気でご活躍のザ・ぼんちおさむ師匠。12月18日(火)は梅田お初天神筋のサントリーニューファイブでクリスマスライブが開催されます。僕もおさむ師匠の誕生日のお祝いも兼ねて毎年ライブに行っています。皆さんも是非来店下さい・・・

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




facebook

最新の記事

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5