大好評!レンジでできる駿河湾の桜海老の炒飯、コロッケ、かき揚、かき揚丼、便利で美味しい。

2018年12月10日(月)今日は、創業96年目を迎える天下の台所大阪の西成区でホテルや飲食店などへ中食や料理の製造卸をされている株式会社矢田健商店さんにお願いして大好評いただいている、レンジでできるシリーズ8品を作っていただき試食しました。1品目、春が旬の「あさりと春キャベツの焼きそば 200g」国産のあさりが中々手に入らない中、京都桂茶屋さんの紹介でプリプリした身の国産あさりが味わえる春の焼きそばで、ソースは僕が子供の頃から使っている大黒フルーツソースを使用。いやー美味しいです。


2品目は今年は例年になく不漁が続いている静岡県駿河湾産の桜海老を使った「金の炒飯 200g」ですが、前回より塩分を控え作り直していただきましたので合格。桜海老の香りが楽しめるご当地食材使用した炒飯です。同じく「駿河湾産の桜海老のかき揚げ丼」です。今年から桜海老のかき揚げがわんまいるオリジナルになりましたので、昨年よりボリュームアップしたせいか、かき揚の中央部分が解凍出来ていません。レンジ解凍時間を50秒長めにして5分50秒に表記をかえる事にしました。4品目も同じく駿河湾産の桜海老のコロッケです。思った通り桜海老の香ばしい風味が味わえて美味しいです。


5品目は先月訪問した60歳以上の雇用促進を目的として超の第三セクターとして設立され、現在では軌道に乗り民間の企業として運営されている、マスコミにも何度も取り上げられている長野県小川村の小川の庄さんの「おやき卯の花入り」をそのまま油で揚げてもらいました。皮から中身がはみ出ていましたのでNG。6品目はパン粉を付けて揚げてもらいました。思った通り美味しいですが、随分値段が高くなります。見た感じ食べた感じも揚げパンなので400円を超えると売れないと思いました。7品目も同じくカレー入りのおやきを素揚げとパン粉付けした両方を試食しました。どちらも美味しいのですが、完全にカレーパンに見えます。カレーパンで1個400円を超えると売れないと思います。


商品には一般の相場があり、特にコロッケやカレーパンは揚げたてが結構安く販売されているので自宅で揚げなければならない海老フライやビフカツとは異なり価格競争になっているカテゴリーの商品は厳しいです。・・・

▼わんまいる通販サイトはコチラ▼

初回お楽しみセット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




twitter

facebook

最新の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5